オンラインカジノ

『パラダイスシティ』の一番のお楽しみといえば やはりカジノです

パラダイスシティとは 韓国にある統合型のリゾート(IR)施設

さらにプールサイドには、ミニバーなどを備えたプライベート空間『Cabana(カバナ)』(予約制・有料)があり、仲間同士で優雅なひと時を過ごせます。次のページでは、まだまだ盛りだくさんの『パラダイスシティ』の魅了をさらにお届けします!

『パラダイスシティ』の一番のお楽しみといえば、やはりカジノです。でも初めてカジノを体験するときにはわからないことも多く、誰しも不安に思うもの。でもご安心を。『パラダイス カジノ』は、初めてカジノを体験する人から上級者まで、誰もが楽しめる工夫が随所に凝らされています。

さらに、このメンバーカードを各施設で提示すれば、先述したスパ内のレストランなど、パラダイスシティの至る所で、商品が割引されるのだとか。本当にお得! パラダイスシティに遊びに来た方は、まずは少額でもカジノで楽しんでみるのをオススメします。

ファミ通読者の方にはおなじみ、プレイステーションの体験コーナもあるんです! この日はセガさんの『ソニックマニア』をはじめ、『New みんなのGOLF』や『ストリートファイターV』のほか、『アストロボット』などのPS VRタイトルまで、数多くのゲームが体験できました。パラダイスシティに遊びに行かれた、海外の皆さんに、日本のゲームを知っていただけるいい機会になりそうですね。

カジノやホテル以外にも、『パラダイスシティ』には女子旅から家族旅行まで、どんなスタイルの旅人にもくつろぎの時間を与えてくれる施設が揃っています。

嬉々として韓国にあるリゾート施設・パラダイスシティまで遊びに(!?)行ってきちゃったので、その模様をお伝えいたします!! なお、本記事では、楽しみまくった結果、編集者の写真が多めになっています。ご了承ください。

カジノがあると聞くと、大人の空間だと想像してしまいますが、実は『パラダイスシティ』は、子育てファミリーにも優しい施設です。子ども用レーンもあるボウリング場、ビリヤード台、ダーツなどの定番ゲームで遊べるほか、飲み物を楽しめるバーが併設された『サファリパーク』や、話題の最新VRなど、さまざまな種類のプレイステーションのゲームで遊べる『プレイステーションゾーン』、地球をコンセプトにした、子どものための特別な空間で、専門ガイドと共に子どもの五感を刺激する体験型のプログラムを楽しめる『キッズゾーン』があります。

また、パラダイスシティにはカジノのほかにもショッピングモールやアートがあり、カジノをしない人といったも楽しめると思います。

『パラダイスシティ』の総面積は、およそ東京ドーム7個分。3方向に延びたY字のデザインが特徴の地下2階~地上10階建物の内外には、サウナやファミリー向けレジャー施設、スパ、レストランなど、ホテルやカジノ以外にも楽しい施設が盛りだくさん! また「アート」と「エンターテインメント」の融合をテーマとしており、施設内には国内外の有名アーティストの作品が約2,700点が展示され、美術館さながらのアート鑑賞が楽しめます。さらに2018年秋には新規の施設が新たにオープン予定で、芸術的な内装デザインが魅力的なブティックホテル、韓国式サウナも楽しめるラグジュアリースパ、韓国で人気のEDMサウンドを楽しめるフロアを含め、3つの異なるスタイルが楽しめるクラブ、「夜の移動遊園地」をテーマにした家族型エンターテインメント施設などがオープン予定です。

『パラダイスシティ』では、アートとエンターテインメントが融合した「アートテインメント」を堪能できます。エンターテインメントの中心がカジノだとすれば、アートの中心となるのが、日本を代表する芸術家・草間彌生さんを始め、世界的に有名な作家の作品100点を含め約2,700点にもおよぶ芸術品です。

韓国と言えば、日本から一番近い「カジノが楽しめる国」として以前から人気がありましたが、既存の施設はいずれもカジノしか楽しむことができませんでした。ところが2017年に誕生した『パラダイスシティ』は、韓国初の統合型リゾート施設として、カジノだけではない、極上のラグジュアリーリゾート体験ができる施設として、ラグジュアリーホテル、アート、商業施設、スパ、レジャー施設、食事と、旅を楽しむために欠かせないすべての要素が1つの場所に凝縮されており、最高のホスピタリティーの中で、極上のリゾート体験ができます。

プールでたっぷり遊んだ後は、さあ! いよいよカジノへ出陣! 夜はこれから!■3日目パラダイスシティは昼もお楽しみが満載! 仁川国際空港はすぐ目の前、時間を気にせず最後の瞬間までサウナやスパでリラックスして旅の疲れを癒したり、『プレイステーションゾーン』でみんなで最新のVRゲームを楽しんじゃいましょう!2泊3日でここまで楽しめる韓国旅行のプランに『パラダイスシティ』を加えて、気軽に旅立ってみませんか?

夜はインスタ映えバッチリのプールパーティはいかがでしょうか? 夏には楽しいパーティーイベントが開催される日もあるので、まさに『パラダイスシティ』ならではの体験ができます。

というわけで、2回にわたりお伝えしてきたパラダイスシティカジノに関する記事でした。

パラダイスシティとは、韓国にある統合型のリゾート(IR)施設。この施設、じつはファミ通読者の方にはなじみ深いであろう、セガさんの親会社・セガサミーさんが運営されているんですよ。日本ではまだ遊べないカジノも、パラダイスシティでは遊べちゃいます(2018年にIR(統合型リゾート)実施法案が成立したことにより、ゆくゆくは国内でも楽しめることになりそうですね)。ルーレット三昧しよう。そんなパラダイスシティに、なにやら新たな施設が誕生したそうなので、潜入調査へ!