オンラインカジノ

8月に夫婦でラスベガスへ行きます

8月に夫婦でラスベガスへ行きます

カジノレッスンとは、その名の通りカジノでの立ち振舞やルール、マナーなどをレクチャーしてくれる、体験教室のようなもの。
ラスベガスのカジノでは、本物のディーラーによる丁寧な指導で、初心者でも安心してカジノを楽しめるように、毎日決まった時間に開催しています。ほぼすべてのカジノホテルで、無料のレッスン教室が開かれているので、一度パンフレットやガイドブックを参照してみましょう。また、フラミンゴホテルでは、日本人ディーラーによる日本語での無料カジノレッスンが行われていて、特に初めてラスベガスを訪れる日本人には好評となっています。
しかもこのレッスンに夫婦で参加すると、カジノ内で使えるチップが50ドル分、無料で貰うことができます。ちなみにフーターズでも「日本人による日本人のためのカジノレッスン」が行われていましたが、現在では終了しているので、今のところ日本語でカジノレッスンを受けられるのは、このフラミンゴホテルのみとなっています。他のホテルでもチェックしてみましょう。

1983年生まれ。ラスベガスのカジノで10年以上のキャリアを持つカジノディーラー。カジノの記録をとるスーパーバイザーとしての経験も持つ。現在もラスベガスのカジノでディーラーとして働きながら、VIPのお客様を相手にするカジノホストとして、また日本のカジノ誘致関係者への案内役としても活躍している。

私がラスベガス旅行で5日間毎日カジノに通った結果、勝つための極意を見つけることができました。

ラスベガスのカジノで勝った場合、その儲けがまるまる自分のものになるという認識で遊びに行く人もいるかもしれません。

ラスベガスには「ベンジャミン・シーゲル」「ハワード・ヒューズ」「スティーブン・ウィン」など数々のカジノ王がいます。
その一人であり、またかなりのスキャンダルを生んだのが「テッド・ビニオン」その人です。そんなテッドの世界的な大スキャンダルと言えば、1998年に起こった「疑惑の死亡事件」
当時妻と子がいたテッドですが、ラスベガスのショーガールとして働いていたサンディを気に入り愛人関係を結びました。
そして妻とは離婚し、サンディとの同棲生活へ。
と、同棲もつかの間、テッドが謎の死を遂げます。
もちろん第一容疑者には、財産目当てと疑われたサンディが。
しかし真相は・・・といった内容です。
かなりざっくりとした説明ですが、そういったミステリーな最後を遂げたカジノ王として、現在でも話題となっているのです。
バラエティー番組でも取り上げられ、カジノを知らない人々も、日本では彼の名前は知っているってい人も多いのではないでしょうか?実はこの事件、「セックスと嘘とラスベガス」というタイトルで映画化もされています。
事件の真相もお分かりになると思いますので、気になる方は今すぐTSUTAYAへと。

ラスベガスなど海外のカジノで儲けた場合、税金が発生することをご存知でしょうか。およそどのていどの税金がかかるのか、またその手続き方法などを知っておきましょう。しかるべき手続きをしなければ大変なことになるのです。

8月に夫婦でラスベガスへ行きます。
レンタカーでグランドキャニオンへのドライブを計画しています。(1)早朝5時頃出発して10時~11時頃着、グランドキャニオン観光13時頃グランドキャニオン出発、ラスベガス18時頃着を想定しているのですが
実際、日帰りでこのようにドライブすることは可能でしょうか?(2)レンタカーはコンパクトカー(エコノミー)を考えてます。
グランドキャニオンへの道が全て舗装されてるのか分からないのですが
もう少し大きめの車の方がいいでしょうか?その他、ドライブでの注意点などあれば教えてください。
よろしくお願いします。

どこを調べたら良いか分からなかったため質問させていただきます。
10日間ほどラスベガスのモンテカルロ・リゾート&カジノというホテルに滞在予定です。
このホテルでは、自分たちの衣類を洗濯機するためのランドリー室などはあるのでしょうか?
それともお金を払って全て洗濯してもらうのでしょうか?
また、街の中にコインランドリーのような店がどこかにあるのでしょうか?
ご存じの方いらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

そう聞くと運の強い人はずっと強いままで、運のない人はいつまでたっても浮かばれない気がします。しかし、ラスベガスのディーラーとして日々、目の前で“運のいい人”“運の悪い人”を見ていると、ずっと幸運がつづく人もいなければ、運が悪いままの人もいないというのが現実です。