オンラインカジノ

パラダイスシティの会員は無料で見学することができます

そう パラダイスシティ

市街地に出るには時間がなさすぎるし、空港内だけじゃつまらない・・・。そんな時はぜひパラダイスシティに訪れてください。

10:30にはセブンラックにご出勤。 人が少ないなんて、とんでもない。 バカラ卓は、三重の人だかりです。 半分以上テーブルは空いているのに、カジノ側はディーラーを配置せず、閉めたまま。なんとかせいよって感じです。 テレビゲームのバカラの席が1個だけ空いていたので、そこに座り、一昨日カード作成時にもらった1万₩のクーポンレシートを挿入。 隣りにいた中国人の女性が私に何か話しかけました。訳がわからず、目をゲーム機に戻したら、先客の会員カードが入ったままになっています。 どうやらプレイ中だったよう。クーポンはもう読みこまれているし、カードを抜いても、もう手遅れ。 席を離れるなら、煙草かなんか置いておけよ。トラブルの素なので、賭けないままクーポンを諦めて、席を離れます。 踏んだり蹴ったり。 すっかりやる気を削がれた私は、スロットマシンの椅子に座り、今回の記録を書き留める作業。 Hさんはネチっこく、ルーレットの椅子が空くのを待ち、しっかり参戦します。でも結局、負けるんですけど…。 今日が帰国のため、集合はホテルに15:30。 最終的に、ルーレットの負けが4万円に達したHさんは、13時に撤収を宣言。セブンラックヒルトンを出て、歩いてソウル駅から市庁前まで行き、地下鉄2号線でホテルへ戻ります。金浦空港18:45発のKE2711便で帰国の途へ。 人の渦に翻弄されたソウルカジノの旅でした。仁川パラダイスシティで、ゆっくり勝負できたことだけが救いでした。 パラダイスシティがなかったらと思うと、ゾーっとします。 結果、40万₩(約4万円)の勝利でした。 実は、4回目のソウルで、初の勝利の帰還です。嬉しいやら、虚しいやら…。

ベッティングクーポンは、仁川空港内のパラダイスカジノカウンターやパラダイスシティのプラザ内で入手可能です。

そして食事会。金剛山の焼肉屋で、サムギョプサル(豚の三枚肉)です。 話は、先程の酒飲み回避策に戻ります。 私は乾杯の挨拶を幹事から任されていたため、最初にぶっちゃけてしまいました。 「先月、旅行したマカオのカジノで20数万円負けているので、今回は生活がかかっています。ギャンブルにお酒は厳禁なので、絶対に私に酒を注がないように」 そして、ウーロン茶の缶を握り締めて乾杯。 まるでギャンブル中毒者セラピーでの告白。 皆さん、なかなかカジノ愛好者を理解できないようで、その前の1年間は、それ以上に勝っていたことを説明するのが大変でした。 軍資金として40万円近く現金を持っているだけで、引かれちゃいますからねぇ。 団体旅行の宿命なのか、料理は酷いものでした。 肉はサムギョプサル、オンリー。店員が来て、焼いたらすぐハサミで切ってしまうので、4人に2皿出てきた肉も15分足らずで終了。 30分も経っていないのに、冷麺は辛いのがいいか、普通がいいのか訊いて回っています 食事会って2時間近くやる予定だったんじゃないの? 結果、19時15分には締めの挨拶。こちらには都合が良かったのですが、私は冷麺も口をつけただけ。 送迎バスでホテルに戻ります。 今夜の予定は、ルーレットのHさんと、これから仁川へ向かいます。 そう、パラダイスシティ。同僚の中にはカジノに興味を持っている方も多かったので、一緒に仁川へ行かないかと誘いますが「そこまでは」って感じで断られました。 結果、ルーレット好きのHさんと2人だけ。 ソウル市内のカジノ(ウォーカーヒルやセブンラック)に出かけたところで、人が多くて楽しめるはずがないと予想がつかないのかなぁ。 Hさんと私が地下鉄2号線を市庁前で1号線に乗り換え、お隣りのソウル駅で降ります。そこからA’REXで空港へ。 A’REXは直通列車と一般列車があり、一般列車ならT-moneyカードでも乗車可能。いわば新幹線と東海道線のようなもの。直通なら43分で仁川空港へ着きます。 しかし一般列車でも所要時間は約60分。次の直通まで20分以上あったため、結果、21:48発の仁川行きの一般列車に乗ることに。 確か運賃は4,150₩。 空港へは23時前に着き、到着ロビーの3番出口からCのバス乗り場でパラダイスシティ行きの無料シャトルバスを待ちます。 最終便が23:10だったようで、その1本前に乗車。我々の他に同乗者は1名だけ。 バス乗り場は地下に移動していました。映画のタイアップで、こんなオブジェがお出迎え。1年3か月ぶりのパラダイスシティです。 草間彌生の奇妙なオブジェも相変わらず。入口も変化なし。Hさんは初めてのため、カードを作成して、7万₩のクーポンを受け取ります。KIOSKでカードの登録をして、クーポンを出すのがセブンラックとは違うところ。 客の入りは7割というところ。開けていないテーブルも結構目立ちます。 仁川パラダイスシティの特徴は、テレビゲームやスロットマシンに興じる客が極端に少ない。それだけ金回りが良く、カジノに精通した客が多いのでしょう。 ディーラーが美人揃いなのも、嬉しいところ。 少女時代並みの美女もいます。(TWICEというほど若くはないということをお含みおきください) まずはHさんとルーレットを見物。開いているテーブルは3台。ミニマムはすべて2,500₩。 チップ1枚が250円だと思うと、正直、力の加減が分かりません。 以前はルーレットも興じていたのですが、賭け方を忘れてしまったので、数字に張れなくなってしまいました。(やってもいいのですが、マネーコントロールができません。) とにかく1 to 18か19 to 36を中心にチップを置きます。 それじゃ大小じゃないかい!! なぜか1時間後には、20万₩が25万₩になり、ゲーム終了。ルーレットはカードチェンジがないので、やめるタイミングも難しい。 0:15からバカラ卓を徘徊。 1万₩のテーブルが3つ開帳していますが、よく見ると「No Squeeze」の文字。 そう絞れないんです。 同じエリアにある5万₩minのテーブルも同様でした。 カードを客が捲れないバカラなんて、テレビゲームと同じです。展開が早過ぎて、力が入りません。お試しで座ってみたものの、すぐに絞り可能な別のエリアの5万₩minのテーブルに参戦。 でも調子があまり良くありません。25万₩→10万₩に。トータル±0。 0:50 気分を変えて、可愛いディーラーの女子がいる大小へ。 小の連チャンをつかまえ、10万₩が20万₩に。やっぱり美女は幸運を連れてくる。 ルーレットで調子が出ないHさんと、カジノ内のCafe9で食事に。 私は海老入りのお粥。胃には優しくまずくはないのですが、海老はほんのちょっとだけ。揚げパンはヒットです。 Hさんは楊州炒飯でした。 このレストランの食事は概ね薄味です。 2時頃から5万₩minのバカラ卓に戻ります。席の埋まり具合は8割ほど。 たいてい座れます。 一進一退の展開から少し増え始め、最後はザブングルのエラの張った方(加藤さん?)にそっくりの中国人に逆張りを仕掛け、2連勝。 20万₩→30万₩。 悔しいですっ!!って言ったかどうかは分かりません。 向かいのテーブルに席を替え、じわじわ勝ち始めます。プレイヤーのツラに乗り、4連勝。 なぜか周囲は様子見をしていますが、なんでここで行かないのって感じで、私が絞る展開。 途中、ザブングルが隣りに来て、逆張りしてきますが、私がナチュラル9で跳ね返します。10万₩の張りを2回挟んだため、チップも上昇。 一時は最高で手持ち110万₩となり、10万円以上勝っている展開。 4時半を過ぎたあたりで、ザブングルとの捲りあいに負けたため、やや失速。 結果、30万₩→93万₩。 本日の累計は+83万₩。 約83,000円の勝利。 ここまでは上出来としておきましょう。 4:45に終了して、Hさんと帰る準備。5時過ぎには空港行きのシャトルバスが動き出すはず。 どうしても煙草が吸いたいというHさんを待っていたら、バスが出発するところ。ダッシュで飛び乗りました。 (こういうところが喫煙者の不自由さですねぇ) A’REXの直通列車のチケット(9,000₩)を自販機で買い、5:58のソウル駅行きに乗ります。2列シートでいい感じ。 すぐに爆睡したため、45分の道のりもあっという間でした。 地下鉄を乗り継いで、ホテルへ戻ったのは朝7時半。 Hさんと朝食チケットでホテル2階のレストランで洋食バイキングの朝飯を食いますが、二人とも眠りたい一心。 2日目の予定は、地元民に人気のタッカンマリ屋とか、行列の絶えないサムギョプサルやカンジャンケジャン(渡り蟹の醤油漬け)など、一応たててあったのですが、既にどうでもよくなっています。Hさんと13時には起きましょうと約束して、ベッドに潜りこみます。

この周辺は繁華街もなく人もほとんど歩いていないのですが、パラダイスシティの扉を開けた瞬間まったく違う世界が広がっていました。ゴージャスなのに気品と癒しがある大人の空間で、ラグジュアリーな時間を過ごしてみませんか?

パラダイスシティの会員は無料で見学することができます。会員じゃない場合、カウンターでその場ですぐ新規会員登録できますよ。

パラダイスシティへのアクセスは、仁川空港から無料のシャトルバスが便利です。所要時間は3分!ホテル宿泊客も一般の観光客も誰でも利用できます。

パラダイスシティはフォトジェニックなスポットが沢山!女子達が大喜びですね。

料金は、大(5,000ウォン)、中(4,000ウォン)、小(3,000ウォン)でなんとカード払いも可能です!リニアモノレールパラダイスシティ駅からの連絡通路付近にありますよ。

乗車時間は6分、パラダイスシティ駅で下車すると連絡通路で直結しています。

パラダイスシティは、仁川空港からシャトルバスで3分のところにある大型複合リゾート。