オンラインカジノ

カジノの中では動画や写真の撮影はマナー違反です

だからといってオンラインカジノを遠ざける必要はありません

だからといってオンラインカジノを遠ざける必要はありません。 確定申告も最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば大丈夫です。また、必要な書類や情報さえ揃っていれば、税務署でも指導してくれます。

そんなカジノだが、実は先進国でカジノがない国は日本だけと言われている。年間に数十回も海外のカジノに出向く投資家の加藤圭祐氏(仮名)は言う。

釜山の中心部に位置しており、ロッテ百貨店へは徒歩約1分でアクセスが可能なホテルです。マカオのカジノを連想させるような華やかな雰囲気になっており、フロア内には様々なゲームやスロットマシーンなどが備わっています。女性やカジノ初心者でも気軽に遊ぶことができるのも特徴で、多くの日本人や中国人の姿を目にします。

「カジノで大勝ちしたらどうしよう?」みなさんも一度は想像した事があるのではないでしょうか?

カジノで勝って帰国する際に注意しなければならないのが税金です。
結論から言えば、韓国ではカジノで大金を得ても税金は徴収されません。カジノで大金を得た際に一時的に徴収されることもありますが、後で返金されます。
ただし、日本では納税の義務がある為、税金を支払う必要があります。
日本では50万円以上の収入で確定申告をしないといけない為、大勝ちした際は帰国後に確定申告をする必要があります。
何で収入を得たのかを証明するため、大勝ちした際は、必ずカジノから両替証明書を発行してもらいましょう。

韓国は日本から一番近いカジノができる国で、15以上のカジノが点在しています。

反面、オンラインカジノでは、アカウントとしての履歴や銀行やネットバンクの履歴として、個人の収入・取得としてデータが残ります。そのため、収入・所得が個人情報と紐付きやすくなっています。「納めたくない」と確定申告をしないままでいると、納税を怠っている事がばれてしまいやすいのです。

オンラインカジノはインターネットを利用するため、韓国に出向かなくてすみます。
いくら韓国のソウル市が近いと言っても、国をまたいでいます。空港のチェックや飛行機の予約など、面倒なことが沢山あることでしょう。
ですが、オンラインカジノならそれら面倒なことをしなくて済むのです。
ソウル市でお買い物など、旅行気分を味わうことができなくなってしまいますが、わざわざカジノをやりに韓国へ出向く必要が無く、日本で予算の続く限り好きなだけカジノを楽しむことができるのです。

一般的にはオンラインカジノをはじめ、ギャンブルで得た利益から計算された所得は一時所得として、確定申告する事が多いようです。その理由も合わせて解説していきましょう。

カジノの中では動画や写真の撮影はマナー違反です。
理由としては、不正防止やプライバシーの侵害などを防ぐためです。
また、カジノの中だけではなく、カジノの外から中を撮影しても問題になります。
旅行にきたら写真を取りたい気持ちも分からなくはありませんが、撮影行為をしてしまうとスタッフから止められてしまう為、カジノ初心者は特に注意しましょう。

つまり、年に1回カジノに行くか行かないかの人で、勝ち金が50万円未満であれば特別控除額により申告の必要はありません。もし1年で50万円以上の収益をカジノで上げている場合、サラリーマンなら源泉徴収などから超過した金額を確定申告する必要があり、個人事業主なら事業所得に合算して確定申告する必要があります。

カジノVIPとして登録されるためには、約800万円のデポジットが必要。かなりハードルは高いが、VIPになれば「CIP」と呼ばれるビジネスリーダーやセレブリティをはじめとする、いわゆる富裕層向けのターミナルを使うことができる。CIPとはCommercial Important People(商業的重要人物)の略で、このターミナルにはプライベートジェットなども横づけされるという。

韓国カジノ初心者が知っておくべき8つのこと!予算・マナーは大丈夫?のページです。暮らし~の[クラシーノ]はアウトドアに関連するキャンプや釣り、登山などの情報発信メディアです。これから始める方に向けて、魅力や必要な知識・道具をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。

オンラインカジノで得た利益は、「所得税法」で10種類に分類される所得の中でも一時所得、もしくは雑所得に当たると言われています。分類された所得には、それぞれに控除額や課税対象となる所得の計算など、ルールが定められています。

いかがでしたか? 最後に「オンラインカジノは税金がかかる」ということだけは必ず覚えておくようにしましょう。