オンラインカジノ

カジノのキャッシャーでは まず日本円に両替してくれません

カジノ名や独自のロゴなどが描かれています

カジノのキャッシャーでは、まず日本円に両替してくれません。

カジノでプレーする際は、まず現金をチップに換えます。現金とはもちろん現地通貨。韓国のカジノでは日本円からチップへの交換も可能ですが、そのほかの多くの地域ではできません。軍資金として日本円を持参するなら、前もって両替屋や銀行などで現地通貨に変えましょう。(カジノフロアに両替所が併設してあることも)あるいは、現地のATMでも使えるカードを持っているなら、現金を持参しなくてもATMで現地通貨を調達できます。

これはテーブルゲームで遊んだチップの合計ではなく、スロットマシンを遊んで、ジャックポットを当てて、1200ドル以上の勝利をした場合のみとなります。この場合、ラスベガスのカジノでは税金が必要になります。この金額は、国によって様々な規定があるので、アメリカは1200ドルと覚えておけば大丈夫です。テーブルゲームやスロットの通常の配当でも、積み重ねれば、1200ドル以上の勝利を手にする事はあると思います。この場合も当然、税金は必要になるのですが、チップも1200ドルを600ドルずつ、時間を分けて換金されれば、全くわかりませんし、スロットは、現金がそのまま出てくるので、勝利金額の証拠がありません。この様な「遊びの習慣」は管理できないから、管理できる賞金はしっかりと管理するという流れになっていると予想できます。

数日のうちに、MGMリゾーツ、ウィン・リゾーツ、ラスベガス・サンズ、シーザーズ・エンターテインメントの「ビッグ4」と呼ばれるラスベガスのカジノ事業社がラスベガス・ストリップの全施設の閉鎖を受けて、ネバダ州知事は、州内にある必要不可欠ではない全ての事業に対し1カ月間の営業停止という前例のない命令を発表した。それはつまり州の数百ものカジノが休業となったということである。3月25日正午の時点でアメリカ全国の465ある商業カジノと534ある中の508のトライバルカジノが閉鎖し、約64万9,000人のカジノ従業員が失業中であると推測した。

「カジノ」といえば、真っ先に思い浮かぶのがラスベガスではないでしょうか。メインストリートのストリップには、エッフェル塔やピラミッド、ニューヨークなど、海外の観光地を模したテーマホテルが並んでいます。フリーモント・ストリートにあるホテル・ビニオンズでは100万ドルの束と記念撮影できるので、ラスベガス観光の記念に立ち寄ってみてはいかがですか。ラスベガスでは、劇場やホテルなどが一体化された統合型リゾート施設(IR)が主流です。

世界のカジノとリゾートの情報サイト。体験レポートをはじめ、カジノリゾートを120%楽しむための情報を満載。

世界一のカジノ売上を誇る都市として知られるマカオ。カジノ税という潤沢な財源を抱えるマカオ特別行政区政府は、インフレ対策や富の還元を理由に2008年から市民に対する現金配布を毎年実施している。

カジノで大勝ちした場合、税金がかかります。カジノでかかる税金には大きく分けて2種類あります。1つは大勝ちしたカジノがある国に支払う、ギャンブルの収益に対する税金。もう1つは帰国した際に得た収益を申告し、自国に収める税金です。後者の税金は国によって課せられる国と課せられない国があり、残念ながら日本は課せられる国に分類されます。

カジノは19歳から利用でき、入場無料。カジュアルな服装で入場できます。カジノフロアは禁煙なので、たばこは喫煙室で吸いましょう。

チップのデザインはカジノごとのオリジナルです。カジノ名や独自のロゴなどが描かれています。一方、世界中どこのカジノでも、チップは単価ごとに色分けされていて数字も書いてあるため、自分がいまいくら持っているのかは簡単に理解できます。

ラスベガスのカジノは、21歳から利用できます。カジノのドレスコードはありませんが、ハイローラー(賭け金が高額な上客)が多いホテルでは、おしゃれな服装を心がけたほうが良いでしょう。カジノは入場無料で、24時間営業です。

あと、ルーレットやポーカーにはカジノ内共通のものとは違う、プレイヤーごとに色分けされた専用のチップがあります。理由は、例えばルーレットでは複数のプレイヤーが一緒にひとつのテーブル上に賭けていくため、ディーラーが誰がいくら賭けているのか把握するためです。

【確定申告】
カジノで50万円以上大当たりした場合には、帰国後に一時所得として確定申告する必要があります。そのため、確定申告の申請用に、カジノから「両替証明書」をもらっておくようにしましょう。

手持ち現金は韓国ウォン、香港ドル、日本円の3種類で、それぞれ高額紙幣のみをカウントしてはメモに金額を書き付けていく。
また、カジノのチップ預かり証(20万円相当)は現金扱いにならないとのこと。

もっと気軽にカジノを楽しみたい方は、入場無料のカジノ・カフェ・ド・パリやサン・カジノで遊んでみてはいかがですか。