オンラインカジノ

JBETカジノは実際にお金を賭けることができます

JBETカジノは実際にお金を賭けることができます

それからライセンスはキュラソー政府が発行していますが、未だに「イカサマかもしれない」という警告が出続けていることはかなり問題です。それとカジノ名がJBETとこれはジャパンのJをとっているのだと予想しますが、日本人向けに作っていることなど、避けたほうがいいかもしれません。

その他にもJBETポーカーには最低賞金額が保証されているトーナメントもあります。

JBETポーカーで初めてプレイする人にはソフトの導入から登録、、入出金の方法などを図解入りで詳しく解説したマニュアルを無料でプレゼント中。

実際に入金を行う場合、まずはJBETの公式サイトからマイアカウントへログインをします。
次に、トップページから「ご入金」というタブをクリックしていきましょう。

親会社はワイルドジャングル Wild Jungle Inc. N.V.で、2007年に創立されました。現在の住所はEmancipatie Boulevard 31 Willemstad Curacao, CWに登録があり、JBETカジノ以外でもアダルト・大人向けのゲームを中心にサービスを提供しています。

ただし、テキサスホールデムのルールをよく知り、ポーカーの経験がないと、JBETポーカーで稼ぐのはちょっと難しいかもしれません。

JBETは露出の多いデザインを多く起用していることから、少し違法カジノのイメージを感じさせますが、運営会社であるWild Jungle Incorporated N.V.の取得しているライセンス規定に則り運営しているので、JBETは違法をしていないでしょう。

カジノシークレットには6種類の入金方法と、4種類の出金方法があります。種類の多さではJBETカジノを上回っており、出金では銀行送金も可能です。入金はクレジットカードで決済できるため、選択肢の多さという意味ではカジノシークレットの方がおすすめです。またこちらでも電子決済サービスが導入されています。

安カジどっとこむのスタッフとして、JBETはオンラインカジノの中でもかなり改善してほしいところがあります。セキュリティ面、プライバシーに関して、500$以上のクレジットカード入金はクレジットカードの裏表のコピーの提出が必要であること、メジャーな支払い方法は対応していないなど、ちょっと疑ってしまうような点がかなりあるというのが正直なところです。

普通のオンラインカジノサイトには、セキュリティや個人情報の扱いについては特別なページを用意していますが、JBETはご利用規約の中に含めて書いてあるようです。セキュリティは、64ビットの暗号化を用いています。普通は256ビット、現在最高のセキュリティと言われる数字を用いているのですが、64ビットは少し古いシステムでもあります。それから特にセキュリティに関しては詳しく書かれていないこと、個人情報の取扱に関しても特に触れておりません。正直、あんまり信用できないです。

JBETに現在のところ当サイトからの入金不要ボーナスはありません。なぜならJBETは信頼性の麺から見ても、専門家的にはおすすめできないからです。入金不要ボーナスをもらって安全にカジノを楽しみたい方は、是非ベラジョンカジノやインターカジノをおすすめします!

JBETカジノのウェルカムボーナスオファーですが、初回から数えて3回目の入金に対して発生します。それぞれ入金額に対して100パーセントのオファーとなり、最大額は3回目以外は300ドルで3回目は100ドルです。得たボーナスを出金するためには、入金額とボーナス額の合計の30倍の賭け条件があります。

オンラインカジノの1つJBETポーカーの特徴と導入しているゲームソフトの種類など特に気になる点をまとめたので参考にしてください。

JBETカジノは実際にお金を賭けることができます。自宅にいながら、本場のカジノを楽しむことができ、世界中の人たちを相手にポーカーを楽しむことができます。

2020年3月現在、JBETカジノにもキャッシュバックオファーはあります。