オンラインカジノ

韓国カジノスロット 遊び方

韓国カジノスロット 遊び方

ラスベガスのカジノには、スロットやルーレット、ポーカーのほか、レートの高いブラックジャック、バカラ、一人で楽しめるビデオポーカーなども用意されています。「英語は苦手」「一人で遊びたい」「難しいルールは覚えられない」方は、スロットやビデオポーカーがおすすめです。

近年韓国への旅行が気軽になり、弾丸旅行に出かける人も多くなりました。そして、韓国ではカジノを楽しめるのですが、マナーやルールがあるのをご存じでしょうか?

韓国ではあまりきっちりとしたドレスコードは決められていません。ヨーロッパ系のカジノとは大きく違う点でもあります。

ルーレットは、初心者におすすめのギャンブルです。遊び方は、玉が止まった位置の数字・色・数字の大きさなどを当てるだけで、難しいルールを覚える必要はありません。選べる数字は0~36。ゲームのやり方は、数字が書かれたマットにチップを乗せるだけで完了します。

韓国カジノには、日本語を話せるスタッフがいることが多く、英語が苦手という方も安心して遊ぶことができます。

スロットの遊び方は、現金を投入してから、レートを設定します。次に、1列に賭ける金額を決めましょう。あとは、お金を賭ける列の数を指定して、「PLAY」や「SPIN」と書かれたボタンを押してください。スロットの回転は自動で止まるため、目押しができない初心者でも簡単に始められます。マシンに表示されている絵柄がそろえば、クレジットが加算されますよ。ゲームを止めたいときは、「PLAY OUT」と書かれたボタンを押すと、レシートが出てきます。このレシートをカジノ場に設置された専用機に入れて、現金に換えてください。

個人的にこれはとても嬉しかった。飲み物はソフトドリンクやアルコールが飲み放題。ゲームをした場合は、食事スペースで6時間ごとに食券がチャージされ、カードを機械に通すことで食事をとることができる。味はあまり期待していなかったが、意外と口に合った。というか美味かった。マグロのチゲは程よく辛く、鴨肉の炒め物(韓国で食べる必要があるかという質問はなし)は味噌汁が嬉しかった。韓国滞在中の食事の半分以上をここで過ごしたのは内緒。

いきなりカジノで遊ぶことが不安な方は、オンラインカジノでルールや遊び方を予習しておくといいでしょう。

新大久保周辺はコリアンタウンとしても有名。本場韓国料理やスイーツの食べ歩きにおすすめの店がたくさんあります。チーズたっぷり…

基本的に韓国語が必要となりますが、カジノでは外国人観光客をターゲットにおいているので、ディーラー含めスタッフは英語が話せる場合がほとんどです。

スロットで勝つためには、すべての列に賭ける「フルベット」を選ぶやり方が適しています。ひとつのラインにだけ賭けていると、ほかのラインで絵柄がそろっても、当たりと認められません。当たりを逃さないためにはフルベットでスロットを回しましょう。「予算を超えてしまうかもしれない」と、心配される方は、5セントや25セントなど、レートの低い台を選んだ遊び方が適しています。こうすれば、予算内で長くカジノを楽しめますよ。

バカラは、プレイヤーとバンカーの勝敗を当てるゲームです。遊び方は、勝者を予想してチップを賭けるだけ。ポーカーやブラックジャックのように頭を使うことはありませんので、やり方も簡単。初心者でも楽しめるギャンブルです。

今回訪れたのは、韓国のソウル駅の近くにあるセブンラックカジノ(ミレニアムソウルヒルトン店)。名前の通り、ミレニアムソウルヒルトンというホテルに併設されている施設で、カジュアルにカジノが楽しめて、観光客やビギナーには足を踏み入れやすいスポットではないだろうか。 仁川国際空港から入国した場合、ソウル駅まで電車で1時間(500円程度)、ソウル駅から10分ほど歩いたところにある。南大門の免税店や市場、明洞も近いため観光の拠点にもってこい。

ルーレットにはチップを賭ける時間に、限りがあります。ディーラーが「NO MORE BET」といったあとに、チップを置くことは許されません。発言したあとに賭けてもチップは無効と見なされます。ディーラーの掛け声に従って、遊び方のルールを守りましょう。

日本からの観光客がよく使用していたのは、30,000ウォンのクーポン。韓国観光公社から引換券を得ることができる。注意したいのは、このクーポンは使用制限があるため、使うときはディーラーに聞くと良い。ルーレットでは、このチケットで赤か黒かに賭けて、当たってクーポンと同額のチップを手にする人をよく見かけた。