オンラインカジノ

オンラインカジノでの負けた金額は経費として計上できません

国内人気No.1の優良オンラインカジノ!

オンラインカジノで大金が当たった場合の税金の合法的節税について考察してみました。

国内人気No.1の優良オンラインカジノ!

ビットカジノで勝ったときは、雑所得としてきっちり計算し、勝利金に対する税金を払うようにしましょう。

競馬やパチンコと同様、オンラインカジノで得た勝利金は一時所得と呼ばれ、課税の対象です。1年間(1月1日から12月31日)にネットカジノで得た勝利金の合計額が50万円を超えると税金を支払う必要があります。

オンラインカジノとは?基礎知識を身につけよう!

オンラインカジノ以外の競馬や競輪などのギャンブルも、実は一時所得であることを覚えておくとギャンブルが好きな人はよいかと思います。

オンラインカジノと同様、一時所得とみなされるパチンコや競馬の勝利金に税金を支払っているという人の話はあまり聞きませんが、これは、パチンコや競馬では現金での取引がほとんどなので、お金の動きの記録が残らず税務署が管理できないからです。
逆にオンラインカジノで獲得した勝利金を受け取るためには、なんらかの形で銀行を通すことになるので、お金の動きがしっかり記録され、その情報が税部署に届きます。

某カジノ倒産のきっかけとなったFBIによる強制突入も、実際のプレイヤーとは異なる人物の換金があったことによる摘発だったと言われています。それほど厳しいルールのもと、ラスベガスのカジノは適切な運営がなされています。

そのため、しっかり支出を把握しておくことが重要です。
オンラインカジノには支出の記録が残るので、履歴をプリントアウトするかメモして残しておきましょう。

ビットカジノの勝利金を脱税するとバレるので、やめておきましょう。

自分の身を守るためにも、オンラインカジノ以外のギャンブルの場合も脱税などはせず、確定申告をして税金を払うことをおすすめします。

通常のオンラインカジノでの勝利金の場合使われる計算式がこちらになります。

オンラインカジノの勝利金の税金を支払わないと『脱税』という犯罪を犯していることになります。

オンラインカジノでの負けた金額は経費として計上できません。

キャッシュバックが魅力のオンラインカジノ!