オンラインカジノ

その中でも一番興味深いのが「スマートライブカジノ」事件

その中でも一番興味深いのが「スマートライブカジノ」事件

その中でも一番興味深いのが「スマートライブカジノ」事件。これによって英国にサーバーを置く海外のオンラインカジノを日本にいながらプレイした3人が逮捕されました。産経WESTはこの事件をこのように報道しています。

逮捕容疑は2月18~26日、会員制カジノサイトに接続、カードゲームで現金計約22万円を賭けたとしている。3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話している。 利用された「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノ。日本語版サイトが平成26年9月ごろに開設されたとみられる。クレジットカードや電子マネーを使って賭けや払い戻しができる仕組み。日本人女性がディーラーを務め、日本語でチャットをしながらブラックジャックやルーレットなどのゲームができる。

オンラインカジノが日本に来て約20年ほど経過しますが、唯一プレイヤーが逮捕されたのが「スマートライブカジノ」での事件です。

2016年3月10日に、国内在住日本人3名が、英国のオンラインカジノサイト「スマートライブカジノ」でライブブラックジャックをプレイし逮捕されました。

ライブカジノのイカサマ疑惑はよく話題となっていますが、記憶にあたらしいニュースは、2016年3月10日の「スマートライブカジノ逮捕」でしょう。