オンラインカジノ

しかしそもそもオンラインカジノに違法性はないのです

しかしそもそもオンラインカジノに違法性はないのです

しかし日本でオンラインカジノをやって逮捕されたというニュースが時々見かけます。これは個人がパソコンやスマホでプレイして逮捕されたというものではありません。ネットカフェなど公の場所に人を集め、オンラインカジノを行う場所を提供した場合です。そこで賭け金や勝ったお金の精算が行われると、賭博場の提供と見なされ、賭博法違反で逮捕されるのです。

オンラインカジノで得た利益が50万円を超えなければ申告が不要ですが、オンラインカジノユーザーなら、50万円をすぐに超えてしまう人も少なくないでしょう。そんな時には便利な税金対策の方法があります。

それに比べるとオンラインカジノならスロットゲームのジャックポットで1,000万円、いや2,000万円引く可能性だって十分あります!100万円クラスの3桁なんて余裕!オンラインカジノの配当金を見たら、他の賭け事には全く興味が湧かなくなるでしょう。

オンラインカジノの多くはボーナスキャンペーンを実施しています。ボーナスキャンペーンとは、ポイントや賞金がプレゼントされるイベントです。ゲームを楽しみながらお得にポイントやお金を貯めることができるのです。

ブラックジャックは、とても人気のあるオンラインカジノゲームのひとつです。

私はオンラインカジノを知って、もう2年位になりますかね。

今回の事件では「NetBanQ」は単なる電子決済サービス会社だったので、当然のことながら賭博罪での逮捕にはなりませんでした。結局、警察は胴元の逮捕には至らず、客だけを逮捕する形となりました。しかしそもそもオンラインカジノに違法性はないのです。オンラインカジノは運営国で合法的に運営しているので、日本が違法だと叫んだところで、法的責任を問うことはできません。

さらに、オンラインカジノの運営者は日本国外の政府が発行するライセンスを取得し、合法に運営しています。サーバーも日本国外にあります。このことから、賭博罪の適用要件を満たしていないという考え方ができるのです。つまり、「日本人が日本国外にあるカジノでギャンブルをすることと同じ」という考え方なのです。

オンラインカジノで遊ぶ時は、個人が自宅のパソコンやスマホでプレイするようにしましょう。

あるオンラインカジノでは、スロットゲームに$20以上のベットを置くことで10回の無料スピンがプレゼントされます。一方、あるオンラインカジノではブラックジャックに$150以上賭けると$5のキャッシュバックがもらえます。多くのオンラインカジノではこのようなキャンペーンへの参加資格が毎日更新されるので、連日挑戦できます。

オンラインカジノはその名の通り、インターネットを通して遊ぶカジノのこと。通称「ネットカジノ」や「オンカジ」とも呼ばれていますが、まだ日本人には馴染みが薄いかも。本場のカジノと何が違うの?日本では合法?本当に稼げるの?といった皆様の素朴な疑問にお答えします!

ライブカジノハウス(Live Casino House)は、ライブゲームに特化したオンラインカジノです。カスタマーサポートへの信頼性や魅力的なキャンペーンなど、おすすめするポイントがたくさんあります。

つまり海外で合法的に運営しているオンラインカジノに違法性はなく、日本人がオンラインカジノでお金をかけてプレイしても罪に問われることはありません。海外旅行でラスベガスやマカオなど、現地のカジノでプレイしても日本の法律に触れないのと同じことです。

そもそも賭博罪の成立には、胴元と客を一緒に検挙するのが原則。日本人の客を逮捕したとしても、胴元のオンラインカジノは海外でライセンス認可を受け合法的に運営しているため逮捕できません。つまり賭博罪が成立しないので、日本人の客だけが賭博罪で検挙される理由もありません。

オンラインカジノはオンラインゲームのようなお手軽な雰囲気がありますが、れっきとしたギャンブルです。億単位のお金が当たるかもしれない、かなり大きなギャンブルです。 簡単で魅力的ゆえ、のめり込む可能性も多々あります。カジノは大人の社交場でもありますので、余裕資金で心に余裕をもって遊べるよう心がけましょう。 各国の法律や、20歳未満(カジノによって18歳未満)のプレイ禁止等、これらを厳守して自己責任の上でお楽しみ下さい。 当サイトでは、法律的なアドバイスはできません。法律に関するご質問は専門家にご相談ください。