• mikimoto.chiharu@i.softbank.jp
  • 080-88124663

10人10色の物語がある

10人10色の物語がある

【聞く力の鍛え方】

こんにちは美樹本千晴です

今回は、『7つの習慣】第5の習慣で需要とされている

”聞く力”の鍛え方について具体的に解説しさせていただきます

聞く力を最高レベルまで高めることで

家族 友人 恋人 上司 同僚 後輩

あらゆる人との信頼関係の構築にいっさい困ることがなくなります

そして”聞く力”から得られる 共感による傾聴(けいちょう)を使えば
確実に【お金では解決でき無い悩み】を一気に解決へと導くことが可能になります

この力は人である以上全ての物事に対して生きる力です

あなたのこれからの行動によって自分の手でつかみとって下さい

では、さっそくまいりましょう

『マインドセットです』


「自分の場合」にあてはめて聞く事をやめる
「自分の場合」にあてはめて聞く事をやめる

人は他人の事を考える上でよく

自分がやられてたら嫌な事は人にしないっと言います

これができている人は世の中的には「素晴らしい人だとされています」
勿論、実際これができている人の人間関係はある程度、良好なものとなっているでしょう

しかし7つの習慣では、
この考えをあえて否定し自叙伝的(じじょでんてき)反応から
「心から理解しようっという聞き方」にシフトすることを推奨(すいしょう)しています

自叙伝的(じじょでんてき)とは

人の話しを自分の経験で解釈したり評価しようとする聞き方の事です

自分の人生の物語を参照(さんしょう)しながら
人の話しを聞いてしまうタイトの事です

この聞き方は以前、私そのものでした
そして私はそれが正しいっと思っていました

逆切れする人や常に「相手が悪い自分は正しい」っと思う心の貧しい人だと

決めつけておりました

しかし違ったのです

私の勉強不足でした

私のような聞き方をする人は人が悩みを打ち明けると

つい「私もそうだったから、あなたのお気持ち察します」っという自分語りを始めてアドバイスをします

これだと相談に乗ってあげた自分は満足出来るのですが
肝心の相手は「私の今の気持ちを察してくれた」とはいっさい感じ無いのです

勘違えされやすいのですが共感による傾聴(けいちょう)は単なるテクニックではなく

相手の事を心から理解しようという姿勢が需要となります
これを素直に実現する為にもその人の人としての人格を高めておかなくてはなりません

何故ならば人の話しを聞いた時にすぐに興味がないと思ってみたり見下してしまうからです
それは上辺だけの傾聴(けいちょう)もどきになり相手を傷つけ
人間関係を最悪の物にします

大切なのは相手の目線で世界を見るということ

具体的に共感による傾聴(けいちょう)を使いこなす為に手順をお伝えします

あなたが良い人間関係を築きたいと思う人に使ってみてください

スッテプ1:相手の話しを注意して聞く
ステップ2:相手の会話を自分の言葉に置き換えて繰り返す
スッテプ3:「辛いね」「楽しいね」など相手の感情を自分の言葉に置き換えて相づちをうつ
スッテプ4:ステップ2と3を繰り返す

こうすることで相手は自分が理解してもらえているんだっと感じ
心を開き信頼が生まれます

この聞く力は非常に強力な力になります

しかしこれは相手を理解したいと誠意があってこそ意味があることです

誠意は第1の習慣の人格から生まれます
人格を高めつつこの聞く力を自分の物にしていきましょう

【凡事徹底】美樹本千晴レッスンINDEX

 元をたどれば、どんな分野でも最初から上手くできる人など存在せず、皆思考錯誤を繰り返して大きな結果を出しています。

最初から上手くできる人が存在しないのであれば、結果を出す人出せない人の間には、才能以外の別の何かが「差」として存在している事になります。

その差こそが「凡事徹底(ぼんじてってい)ができるかどうか」です。

凡事徹底とは?

なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと、
または、当たり前のことを極めて他人の追随(ついずい)をゆるさないことなどを意味する四文字熟語

 

美樹本千晴が得意とする
【話すスキル】
実績:たった1回のレッスンで成果を出させました

 

相づちの打ち方から会話のツボまで

「相づちの極意」
人の話を引き出すには「たとえば?」とか「具体的には?」の質問は有効です、

相手が話しやすくするテクニック「あなたの話がもっと聞きたい」っと思わせるテクニックは
相づちだけでは無く会話の途中に「例えば?」
「例えば?」は誰でもわかりやすい例でお願いします
*ラーメン屋で例えると
*コンビニに例えると
*マクドナルドで例えると
*TVドラマで例えると

「具体的には?」
数字を使ってください
*普通という言葉を使わずに「8割が」
*昔ではなく○○年前

などとアドバイスしながら進めていきましょう
聞く→相手が答えやすくする質問するテクニック


お話を聞く時の必殺技SOS話法

S ⇨ そうですね
O ⇨ おっしゃる通りです
S ⇨ 素晴らしいですね
O ⇨ 教えてください
S ⇨ 尊敬出来ます
O ⇒ お見事です
S ⇒ さすがですね
O ⇒ お気持ち察します
S ⇒ 素敵ですね

ひたすらSOSを繰り返すのです
嫌いな人を受け入れる会話のコツ

自分の話を熱心に聞いてくれる人には誰もが好感を抱きます。

苦手、嫌いという感情があったとしても、「3分間」自分の話に注意深く耳を傾けてくれて、共感したり協調してくれたら、どんどん好きになるものです。

たった3分です

頑張れますよね?

頑張ろう(^^)/

そこで私は「すなお」をキーワードに、まずは聴き役に回ります。

相手の話を聴きながら、

「す」:すごい すばらしい すてき……と受け入れる

「な」:なるほど……と納得する

「お」:教えてくれてありがとう おかげさま……と感謝する

「すごい」「すばらしい」「すてき」「なるほどね」「おかげ様で勉強になりました」と声にもしますし、尊敬や思いやりを示すように、心の中でこれらの言葉をつぶやきながら相手の話を聴くようにしています。

すると、相手の表情が和らぎ、お互いの心の壁がなくなっていくのが分かります。

やがて、親近感のあらわれとして相手から質問も生まれます。

そうなれば、嫌いという感情は過去のものです。

嫌い、苦手という感情を消すには(受け入れる】【納得する】【感謝する】の3つが欠かせないというわけです。

「安易に『分かります』とは言わない」などを紹介して行きます

日本では記憶に新しいと思いますが
震災のボランティア

「被災地に行きたい気持は山々だけど、どこへ行って何をすればいいのか分からない」
そんな方も少なくはなかったと思います

実際に現場でボランティアを行なっていた女性は

「避難所の人たちの話を聞いてあげてください」
と言われたのだそうです。

「話を聞いてくれたというだけで、孤独じゃないって分かるから。
自分が忘れられていないと気づくから」とわ。
それを聞いて、私は「聞くだけでも人様の役に立つんだ」と気づかされました。

☆大切なのは、相手の存在を「空気」にしないこと。

きちんと存在を認めて、それを言葉として伝えることが、相手との信頼関係を築く第一歩です。

必ず身につけたい7ツの[クエッションマインド]


▶イジメ相談たったこれだけの言葉を覚えるだけで
あなたは収益化します

まとめ
話を聞くだけでお金はもらえます

身近な人以外に話を聞いて欲しい人はSNSの中にたくさん存在してます
是非、あなたも社会貢献ビジネスをオススメします

更にレバレッジをかけるが【相づちの極意】
これだけで日給10万円は夢では無くなります

レバレッジの上にエッジをかけると日給100万円になります
それが【質問マインド】です
これさえマスターすれば
【あなたはあなただけの家が建ち あなただけの居場所を獲得出来ます】
まさに誰もが認める成功者の仲間入りとなることでしょう

今回のこの【聞く力】企画は初めてとなります

そこで

第1の習慣  主体的 自分が選択する

                  

第2の習慣  終わりを考えてから始める

                   ミッションステートメント

                   ミッション→「使命」

                    ステートメント→「宣言」

第3の習慣  優先順位を決める

1番大切な事を考えてから優先する

緊急では無くて重要

第4の習慣  Win-Winを考える お互い得をえる「自分も勝つ、相手も勝つ」

第5の習慣  まず相手を理解してから次に理解してもらう


自分の立場に置いて聞くのはやめましょう

第6の習慣  相乗効果を発揮する

シナジー 「違いを尊重する」

                 「信頼度・協力度」

第7の習慣  自分を磨く「刃を研く」