騙されたくなっかたら見た目で判断するな‼️

見た目が9割は邪魔になる

「まさかあの人が」
こんな言葉を耳にした事があると思います

フィルターを通すと真実が見えなくなる

フィルターとは 【GGNEE】

G 性別
G 年齢
N 国籍
E 教育
E 感情

フィルターを外してコミニケーションを取る
共感をもたらすにはこのフィルターを外してください

第二印象で判断するようにする

男女問わず、第一印象は容姿で判断してしまうのは正直しょうがない事ではあります。

しかし、この第一印象で全てを決定してしまっていては、多くの方が、今のパートナーと結婚していなかっただろうなと言っているという事実もあります。

やはり、結婚となって来ると、一緒に居て素が出せるか?という事がとても大切なポイントになって来ますので、見た目だけで相手を選んでいては、長年連れ添って生きていく事は不可能です。

こういう事を考えるようにすると、人を見た目で判断する事にはなんの意味も無い事が理解出来るようになります。

直感には正確があるが
第1印象で決めるのは危険です

必ず人の中身に目を向けるようにしましょう。

無心で接する

人の顔の基本は数十種類の基本があり、
あとはその顔のパターンの掛け合わせだという話を耳にした事があります。

これはあながち嘘では無いと感じます。

人生の中で、この人はあの人に似ている、
この人のこの部分のパーツがあの人っぽいなど、
沢山の類似点を感じる事は誰でもあるのではないでしょうか。

これがある為に、新しく知り合った人でも、蓄積された過去のデータから、勝手に色眼鏡でその人の事を判断してしまう事があります。

人の好みのタイプ自体こうして作られて行くものだと思うのですが、

似ているからと言ってそれをそのまま当てはめていては、
人を勝手な思い込み・外見で判断している事になってしまいます。

似ているなと感じても、あまりその記憶に惑わされない事が重要です

そうする事で、本当のその人の姿を見る事が出来るようになります。

外見にそこまでの値打ちは無い事を知る

見た目が良いという事は一般人の場合は、そこまで価値があるものと言う事は出来ないと思います。

勿論、沢山の人から好意を持たれやすいタイプの容姿をしていると、
得をする事はあるかもしれません。

また、外見によって周囲からの接し方が決定され、
生き方が左右される事になりますので、
あまりにももてはやされてしまった場合、
努力しなくとも人気を得てしまう為、
多くの場合偏った人間性が作り上げられてしまう事になります。

その為、見た目が良すぎる人間には、どこかに大きく欠けている点がある場合が多いです。

人間の魅力って、外見と内面トータルで決定される事になりますので、バランスが大切です。

ですので、このバランスを考えると、普通位のタイプの生き方をしてきた人間の方が、中身が磨かれていて人間性も豊かだったりします。

必ずしもそうではありませんが、やはり見た目で周囲の接し方は大きく変わりますので、こういうパターンはあります。

例えば、イケメン過ぎると街を歩いていてもジロジロ見られるので視線恐怖症になり、
引きこもりになってしまった…などという話も良く耳にします。

こういう事を理解すると、人は見た目で判断すべきで無いと言う事がわかると思います。

沢山の人と交際するようにする

人を見た目で判断してしまうという事は自己防衛本能でもあります。

例えば、命の危険を感じるピストルでも出してきそうな格好をしている人が居たら、
恐らく多くの方が自分を守るために避けるはずです。

ですので、それ自体に問題はありません。

しかし、これはキャパシティの問題でもありますので、
全くそんな事がないのに、過剰に判断してしまって避けたり、判断してしまったりすると、それは問題です。

このキャパシティを広げるには、色んな人と交友を持つことです。

見た目がちょっとあれだなと思っても、
きちんと人として接して見ることで、「話してみると意外とこんな事考えてたんだな」と言う事はよくあります。

こういう経験を沢山する事で、人を見た目で判断する精度も上がって来ます。

これが広ければ広い程人を見た目だけで判断していないという事に近づく事が出来ます。

そもそも、キャパシティを広くと考えている時点で、人を見た目で判断していないということにもなります。

妄想を広げすぎない

人は人を9割ほどの高い割合で判断しているというデータもあります。

勿論、顔・容姿だけでなく、清潔感、優しそう、笑顔、しぐさ、雰囲気など、中身と関係している人間性のようなものもトータルで見た目と考える事が出来ます。

人を見た目で判断する人は、この見た目の情報を元に妄想を膨らませて行く事傾向があります。

きっと、自分が過去に好きになったタイプの顔立ちや雰囲気をしていたら、
照らし合わせて考えてしまい、
実際に話す前からドキドキしてしまったりするのではないでしょうか?

これは仕方がない事ではありますが、
実際は自分の妄想・勝手な思い込みですので、
あまり膨らませすぎない方が良いです

あくまでも、今後そこからどう繋げるかなど、
そちらの方が大切ですので、
過去の記憶に思いを馳せるよりも、
目の前の事に目を向けるべきです。

このように考えるようにして、妄想は膨らませすぎないようにしましょう。

目の前の人の事は、その人として見ることで妄想を抑える事ができます。

① パニック
② 状況のいらだち
③ 状況の確認 理解
④ 思考力の確認
⑤状況の打破