老前生活《孤独力》を磨こう

孤独死を恐れたあなたへ送る言葉

お金だけで自由は買えない!最強人生を実現する「孤独力」の磨き方

「孤独」「ぼっち」という言葉に、多くの人はネガティブな印象を持っていると思います。

しかし私は最近、孤独こそが最強の生き方ではないかと思っています。

人は一人で生きられる。「ぼっち」を極めて真の自由を手に入れろ

孤独こそ最強の生き方

孤独」「ぼっち」という言葉に、多くの人はネガティブな印象を持っていると思います。

しかし私は最近、孤独こそ最強の生き方ではないかと思っています。

実際、クリエイティブな人は、孤独を創造の源にしていますし、ハイパフォーマーな人たちもやはり孤独を自分のエネルギー源にしています。

そして何より、孤独の中で自分と向き合うことで、自分の感情を意のままに操れるようになるからです。

そうなれば、不安や悩みも自己消化できるし、出来事への捉え方を変え、幸せを感じられます。

つまり心の強さを高めるには、必ず孤独の時間が必要なのです。

多くの人は、自由を求めていると思います。では自由とは何か。それは、何からも誰からも制約を受けず、自分の意のままに生きることと言えるでしょう。

何かに縛られてがんじがらめになっている状態より、自分の好きなように生きられるほうが良いはずです。そんな自由を得たいならば、そこには必ず孤独がつきまといます。

たとえば田舎の集落で暮らせば、地元の人間関係風習にある程度従わなければなりません。

その代わり、農作物を融通しあったり、互助的な生活が送れます。

一方、都会にはそのようなしがらみはほとんどありません。賃貸マンションや賃貸アパートに住んでいれば、隣の人を知らないし知る機会すらないと感じる人も少なくないと思います。
風習や習慣もない。
だから誰にも縛られない。これは自由です。

「ポジティブな孤独」とは?

しかしその裏返しに、都会に暮らすとアパートの一室で「ひとりぼっち」などと、孤独を感じることもあるでしょう。
孤独を受け入れずして自由を得ることはできません。逆に孤独を避けようとすればするほど、他人に合わせなければならず、つまり自由もあきらめることになります。

ひとりでは寂しい」という人もいると思います。しかし、孤独を使いこなす、つまり孤独力を獲得すると、寂しさなど感じなくなるとともに、むしろより充足した感情を持つことができるようになります。

みんなでいても楽しいけれど、ひとりでも楽しい
どちらの状態でも楽しむことができる。

一人になることが怖くないから、無理して周囲に合わせて人間関係を維持する必要もなく、自分らしく生きられる

もちろん、それで離れる人もいれば、魅力に感じて近づいてくる人もいる。

しかしその結果、自分を飾らず・偽らずに付き合える人間関係のみが残るから、いつも楽しいというわけです。

お金持ちはお洒落なバックより紙袋を持っているhttps://m.facebook.com/chiharu.mikimoto

この連載では、寂しさという意味でのネガティブな孤独ではなく、人間が精神的に成熟するための必須経験としてのポジティブな孤独を紹介します。

そして、いかに孤独を使いこなし、自由を獲得していくか、その方法論も紹介していきます。
👇

スナフキン孤独力



もし孤独でつらい、寂しい、苦しいと感じている人は、孤独はむしろとても素晴らしいことであると感じていただけると思います。

人は孤独の中で自分のあり方を考える

人としての成熟は「ひとり」のときに生まれる

『エースと呼ばれる人は何をしているのか』という本の中に面白い事が書いてありました。
それは「エースになる人は群れない」というもの。
エースとは影響力がある人です
孤独になるのが怖いなら
あなたが影響力を磨く必要があります
群れない人の特徴

群れない人がどんな人かをまとめておきます。

自分でも「群れない人」と思っている私や、周りにいる「群れない人」の行動をみて、以下のような特徴があるなと気づきました。

・自分で決めたことは必ず実行できる

・淡々と黙々とやれる(それが得意)

・問題を自分で解決できる(人に質問しながら)

・自分を律する能力が高い(ストイック)

・ひとりでやる仕事、作業のが好き

やるべきこと(目標)を自分で設定できる

・設定した目標達成のために何をすべきか把握する力がある

・周りに惑わされず、自分の世界がある

・頑固

・周りから怖い、声をかけづらいと思われている

このような特徴があれば、群れない人であり、特定分野にのめりこめますから、そこで成功しやすくなります。

なので、こういった特徴がある方は、これをポジティブに捉えておきましょう。

何を信じたら良いのか?
誰を信じたら良いのか?

👉 自分の直感
自分の直感こそが潜在意識で自分が望んでいることだから
「自分の心と直感に従う、勇気を持ちなさい」。

スティーブ・ジョブズに学ぶ10の哲学


01.毎朝、鏡の前で問いかけた
「今日が人生最後の日なら…」
「過去33年間、毎朝鏡の前で自分に問いかけた。
“今日が人生最後の日だとしたら、これからやろうとしていることを本当にやりたいと思うだろうか?”
もしもNOと答える日がしばらく続いたなら、それは何かを変える必要があるという証拠だ」
この言葉を、毎日肝に銘じながら生活するのは難しいことかもしれません。でも、生活にだって選択肢があるもの。どうせなら賢く選びたいものですね。

02.「点と点」は
後になって繋がる
「これから現れるであろう点と点を事前に繋ぐことなんてできない。それは、あとになって初めてわかることだ。これから出会う点が、将来どうにかして繋がると信じるんだ。
何か信じるものを持つことだ。直感や運命、人生、カルマ、なんでもいい。それで失敗した試しはない。わたしの人生にあらゆる変化をもたらした方法だ」

03.フォーカスするとは
「NO」と言うことだ
キャリアの中では、「Yes」と言い続けることよりもよっぽど大切なことかもしれません。
時間には限りがあります。
リソースも同じく有限です。
本当に達成しなければいけないことがあるのなら、もっと大切に使うべきですよね。

04.成功者と呼ばれる人々は
自分の仕事を愛している
「成功している人間たちは、みんな自分のやっていることを愛している。
だからこそ、タフな状況でもやり抜ける。そうでないものは途中でやめてしまう。それがふつうだ」
好きこそ物の上手なれ。だからこそ、どんなことがあっても続けることができたのでしょう。

05.うまくいったら次に取り掛かれ
「もしも何かを始めてそれがうまくいったなら、次だ。同じ場所で長く闘っていてはいけない。次に取り掛かるべきことが何か見極めるんだ」
多くの人が、過去の成功に落ち着き、今に集中して安心してしまうもの。しかし、平穏を保つのではなく、次のチャンスを掴まなければ。

06.大きな仕事はひとりでは達成できない
「偉大な仕事には、チームや人々の助けが必要だ」
ジョブズは自身のビジネスモデルがどれだけ「ザ・ビートルズ」に影響を受けていたかを話したことがあります。

それぞれのメンバーが欠点を指摘し合いバランスが取れていたたため、個々を合わせたものよりも優れていた、と。
ただのチームワークではなく、優秀な人々に影響されながら成長していったことで、継続的な成功を手に入れていたのでしょう。

07.愛する仕事をしていれば人生に満足できる
「仕事は人生のなかでも大きな割合を占める存在になる。
人生に満足するための方法は、”いい仕事”をすることだ。そして、”いい仕事”をするために必要なたった一つの方法は、仕事を愛することだ。
まだ見つけられていないのなら、探し続けるんだ。妥協するな。
すべての恋愛がそうであるように、見つけた時にわかる」
興味がなく、好きでもない仕事をするには、人の一生は短かすぎるのかもしれませんね。

08.挫折しても信念を忘れるな
「時には、ブロックで頭を殴られるようなことがある。それでも、信念を忘れるな」
ジョブズは一度、自身が立ち上げたアップル社をクビにされています。その時のことを彼はこう語っています。
「人生最大の転機だった。
成功者としての重圧から解き放たれ、イチからの再出発になった。
先のことは検討もつかなかったが、人生で最もクリエイティブな期間に突入した」

09.死と向き合うことは迷いをなくす最善の策

外部からの期待、プライドに対する恥や失敗、死への畏れ…。

彼は、本当にそれが恐れるに値することなのか、不安を感じることなく判断できたのかも。

10.心に従う勇気を持ちなさいそれ以外は二の次でいい
「心と直感に従う勇気を持ちなさい。それは、あなたのなりたいものが何なのか知っているものだ。それ以外は、二の次でいい」
死を意識すれば失うものなど何もなく、心に従わない理由などなくなると彼は話していました。カリグラフィーの授業を受けたり、インド旅行に行った彼ならではの言葉かもしれません。

《聞く》《話す》会話の軌道修正

【聞く力の鍛え方】

こんにちは美樹本千晴です

今回は、『7つの習慣】第5の習慣で需要とされている

”聞く力”の鍛え方について具体的に解説しさせていただきます

聞く力を最高レベルまで高めることで

家族 友人 恋人 上司 同僚 後輩

あらゆる人との信頼関係の構築にいっさい困ることがなくなります

そして”聞く力”から得られる 共感による傾聴(けいちょう)を使えば
確実に【お金では解決でき無い悩み】を一気に解決へと導くことが可能になります

この力は人である以上全ての物事に対して生きる力です

あなたのこれからの行動によって自分の手でつかみとって下さい

では、さっそくまいりましょう

『マインドセットです』

「自分の場合」にあてはめて聞く事をやめる
「自分の場合」にあてはめて聞く事をやめる

人は他人の事を考える上でよく

自分がやられてたら嫌な事は人にしないっと言います

これができている人は世の中的には「素晴らしい人だとされています」
勿論、実際これができている人の人間関係はある程度、良好なものとなっているでしょう

しかし7つの習慣では、
この考えをあえて否定し自叙伝的(じじょでんてき)反応から
「心から理解しようっという聞き方」にシフトすることを推奨(すいしょう)しています

自叙伝的(じじょでんてき)とは

人の話しを自分の経験で解釈したり評価しようとする聞き方の事です

自分の人生の物語を参照(さんしょう)しながら
人の話しを聞いてしまうタイトの事です

この聞き方は以前、私そのものでした
そして私はそれが正しいっと思っていました

逆切れする人や常に「相手が悪い自分は正しい」っと思う心の貧しい人だと

決めつけておりました

しかし違ったのです

私の勉強不足でした

私のような聞き方をする人は人が悩みを打ち明けると

つい「私もそうだったから、あなたのお気持ち察します」っという自分語りを始めてアドバイスをします

これだと相談に乗ってあげた自分は満足出来るのですが
肝心の相手は「私の今の気持ちを察してくれた」とはいっさい感じ無いのです

勘違えされやすいのですが共感による傾聴(けいちょう)は単なるテクニックではなく

相手の事を心から理解しようという姿勢が需要となります
これを素直に実現する為にもその人の人としての人格を高めておかなくてはなりません

何故ならば人の話しを聞いた時にすぐに興味がないと思ってみたり見下してしまうからです
それは上辺だけの傾聴(けいちょう)もどきになり相手を傷つけ
人間関係を最悪の物にします

大切なのは相手の目線で世界を見るということ

具体的に共感による傾聴(けいちょう)を使いこなす為に手順をお伝えします

あなたが良い人間関係を築きたいと思う人に使ってみてください

スッテプ1:相手の話しを注意して聞く
ステップ2:相手の会話を自分の言葉に置き換えて繰り返す
スッテプ3:「辛いね」「楽しいね」など相手の感情を自分の言葉に置き換えて相づちをうつ
スッテプ4:ステップ2と3を繰り返す

こうすることで相手は自分が理解してもらえているんだっと感じ
心を開き信頼が生まれます

この聞く力は非常に強力な力になります

しかしこれは相手を理解したいと誠意があってこそ意味があることです

誠意は第1の習慣の人格から生まれます
人格を高めつつこの聞く力を自分の物にしていきましょう

自分が心地良くなるには?

「まず理解に徹し、そして理解される」をお伝えします。

あなたの「聴く力」を身につけて頂きます。

人が人とコミュニケーションをする基本動作として、読む・書く・話す・聴くがありますが,最も重要なものは間違いなく「聴く力」だと明言します。

聴く力を軽視している人が非常に多いのが現状です。

私もこの7つの習慣に出会うまでは軽視しておりました

とてもお恥ずかしいです

人を楽しませたり、人を笑わせたり、人とうまく会話するために
「話すスキル」を高めたり、
SNSが主となった今では、アクセスしてもらう為にはと「書く技術」コピーライティングを学んだりする人は多いのにたいして、「聴く力」を意識的に鍛えている人は多くはありません。

人は絶対に自分のことを理解してもらいたいという気持ちをもっています。
しかし、その気持ちが先走って、相手の事を理解しようという姿勢がかけている人が多いです。

このことすら私は気がついておりませんでした

実際に私はFacebookを毎日10時間は見ていますが

誰もこのスキルについて投稿している人はいませんでした

「自分だけが相手にわかってもらう為には」

これが続くと、「わかってくれないから相手が悪い」と間違った方向に思考が働きます。

自分を理解してもらうには、まず相手を深く理解すること絶対条件なのです。

聴く力を5段階にレベル

Lv0 無視をする
Lv1 聞いたふりをする
Lv2 選択的に聞く
選択的に聞くとは、相手の会話に対して自分の目線で解釈し、評価する事を指します。
Lv3 注意して聞く
注意して聞くとは、相手が問題と考える事は何かを理解しようと勤めることを指します。
Lv4 感情移入して聞く
感情移入して聞くとは、相手の目線で、相手が世界をどう見ているのかを感情移入によって理解することを指します。

あなたの聞く力は何レベルに属するだろうか。

成功者は聞くスキルについて、
間違いなくLv4を使いこなすことができます。

Win-Winの関係をつくる上では、このLv4の「共感による傾聴」という最高レベルのスキルが必要になってくる。

「共感による傾聴」は相手の目線で話を聞き、心の底から誠意をもって相手を理解しようとすることから始まります。
相手が「何を言ったか」ではなく「どう感じたか」に耳を傾けます。

共感による傾聴は、時間がかかりますし、難しいです。
しかし、心の声を聴くために使った時間は、やがてあなたとその人との間に信頼という何物にも代えられない価値をもたらします。

この聞く力のレベルを向上させることは、仕事もプライベートも本当の意味で成功させるため必ず必要となります。

今日から人と話すときは、「話したい」という欲望を自制してみてはいかがでしょうか。

今日の私からあなたにする提案は1つだけです。

あなたが次に人と会話するときに、「話すよりも聞く」ということを少し意識して会話してみて下さい。

意識し、習慣づける事で大きな成果を手にする事が出来ますので、めんどくさいと思わずに
自分をコントロールできる人になっていきましょう。

尚!

1人ではなかなか出来ないそんなあなたの為の

話す練習

聴く練習

コピーライティング学び

読むだけで何が出来るのか?

聞く力でコーチング

コンサルしてもらったから
その人がメンターなの?

違いますよ!

【コンサル】【コーチング】【サポート】の違い

経営コンサルとは コンサルとは 医療用語 コンサルト 医療
コンサルティング (consulting) とは、企業(まれに行政など公共機関)などのクライアントに対して、専門知識を活用するなどし、客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行うことである。 または、その業務そのものを指す。

コーチングとは スポーツ
コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の1つ。 対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。 相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。

サポート 【support】

サポートとは、支持(する)、支援(する)、援助(する)、補助(する)、扶養(する)、支持者、後援者、などの意味を持つ英単語。
ある製品のメーカーや販売店などが、その製品を購入した顧客に対して不具合の対応や使い方のアドバイスなどを行うことを「ユーザサポート」(user support)または「製品サポート」(product support)、あるいは単にサポートという。
ある製品が、特定の技術や機能、規格、仕様などに対応している(または、組み込まれている、利用できる)ことを「サポートする」「サポートしている」と表現することがある。また、他の特定の製品と組み合わせて利用できることを、その製品をサポートしている、ということがある。

【メンターとコーチの違い】
メンターは、あなたに結果を出させる事をあなた以上に望んでいる人。
そして、コーチはあなたほどあなたに結果を出させる事に対してマジでは無いこと

これが決定的な違いです。

生きる覚悟

どう生きるのか?【生きる覚悟】

(1)
脳で考えてはなりません。
脳で考えたりすると、利害ばかりに走ります。
心ばかりで考えると感情的になりやすく、頭が冷えたときに後悔します。
では、どこで考えるかと申しますと、 腹です覚悟です

(2)
世の中には、人に言えない苦しみや地獄を抱えた人が大勢います。
でも強くしっかり生きているのです。
同じ人間ですからあなたにもできます。
やるかやらないかの差だけです
今すぐに
【生きる覚悟】を背負ってください

(3)
人からしてほしい優しさを、あなた自身が実行してください
優しさはこだまのように、あなたのところに返ってきます。
場合によってはブーメランのように、思いがけない方向から戻ってくるかもしれません。

(4)
20代もあと少し、転職するなら急がなきゃ! 30歳までには結婚したい。
40過ぎたらもうオバサン……。
私はそういう既成概念や一般常識、“ネバナラヌ”という発想が大嫌い。
何歳であろうと、そのときのあなたがしたいことをすればよい
「もう○○歳」を
→『まだ○○歳」と言い換えてください

(5)
「何かしてあげたい」。
本当にそう思うなら、何もしない、邪魔をしないことがいちばんいいという場合もあるのです。

(6)
モラルが無い、常識論外の相手をしている時間なんて、もったいないでしょ。
「そんな人たちは、私の人生になんの傷も与えられない」と思える強さを身につけることが大切です。
だからそんな人に誹謗中傷されも大丈夫です

(7)
とにかく行動あるのみ。
この方法がダメならこっちとか、生きる方法を考えること。
WEBマーケティングにABテストがあります
Aでやってみる
Bでやってみる
Cでやってみると
Zまでやっても良いかもね
そうしていくうちに、自然と手札が増えていく。
結局、人生はすべて経験、慣れなのです。

(8)
お金は、“目に見えないもの”に使いましょう。
洋服やアクセサリーなど、形あるものは、すぐに流行おくれになり、その価値を失ってしまいます。
ところが技術や教養、経験や知識は、目には見えませんが、あなた自身を豊かにしてくれます。

(9)
年齢なんて、単なる数字です。
それ以上でも以下でもありません。
気にする必要はありません。
まして、年齢によってしたいことをガマンするなんて、全くもってナンセンスです。

(10)
なんでもそうだけど、物事は、飛び込むまでがいちばん大変。でも、飛び込んだら、後はなるようになるもの。
まずは行動ありきですよ。

(11)
辛い、苦しい、哀しい、痛い…。
人間が一番大変な時、何の役にも立たないのは、大騒ぎするだけの、マイナスの感情。
役に立つのは強く、楽しく、明るく…そっちへ切り替える理性。
冷静に理性で、「次にどうするか」の方法だけを考えることです。

(12)
世の中の人は、あなたのことをそんなに注目してはいません。
「嫌われたらどうしよう」は必要ありません
自惚れないでね!
嫌われる事すらないと思いますよ!
そう思ったらなんでも出来るような気持ちになりましたか?

(13)
自信がなくなったら、鏡を見なさい。
ずうずうしく生き続けている自分の姿が見えるでしょう。
今まで生きてこられたのだから、この先も十分生きられる。

(14)
生きる上で一番余計なモノ。
それは悩むこと。「悩むより考えろ」といつも言っているんです。
なのにほとんどの人は考えないで悩んだまま。
何かが起きたのなら、なぜそうなったのか。そうならないためには、どうすれば良かったのか。
自分なりに分析して同じことを繰り返さないための参考資料にすればいい。

(15)
あなたと彼が長続きするかどうかを、判断する基準があります。
それは彼から、セックスとお金を引き算してみること。
セックスしなくても、彼にお金なんかなくても、それでも彼が魅力的で、一緒にいたいと思える人ならば、長い間良い関係が保てるでしょう。

(16)
やりたい仕事につけたから、あとは平和で幸せな日々が続くなんて思ったら大間違い。
それはどんな仕事でも一緒です。
何かをひとつ得て喜んだら、それに匹敵する苦しみや悲しみがあります。

(17)
開き直ればいいの。
あるがままでいいわってね。
よく見せたところで、たかが知れてる。
この人たちによく思われなくたって、べつに死ぬわけじゃないんだからと思えばいいの。

(18)
“働かざるもの食うべからず”なんですよ。「なんにもない私だけど、素敵な人はいないかな」なんて、誰がいるかっていうの。
高望みも面食いも結構だけど、幸せは努力をしてる人にだけ与えられるもの。

(19)
どこに住んだにしても、イヤな人なんて山といるわよ。極楽じゃあるまいし、極楽に住んでいるようなわけにはいきませんよ。
あなたの住んでいるのは地球なの。
イヤな人がいて当然なのよ。

(20)
不平不満ばかり言ってる人を誰も助けたいと思わない。
まっすぐで素直な人は、神様も力を貸してあげたくなる。
神様の援護射撃を受けるには、資格が必要です。

▶ 美樹本千晴ってどんな人?

▶ 気楽なお問い合わせは無料電話も可能なLINEをオススメしますこの文字をタップしてください


【関連サイト】
▶ 美樹本千晴ってどんな人?
▶ WEBで広告収入アフェリエイト
▶ お仕事とは基本講座
▶ 美樹本千晴公式ホームページ
▶ 美樹本千晴Facebook入門講座
▶ 美樹本千晴の休日コラム
▶ 美樹本千晴OfficeBlog
▶ 美樹本千晴オンラインサロンチャンネル