自分のゴールは自分で思い描く



あなたは「ズバリ7つの秘密」ステップ①
「主体的である」を習得することができます。

このステップを身につけることで、自分の行動があなたが求める結果や周りの人々を自由自在に操れるようになります。

しかし、このステップ怠ると、何でも環境や周囲のせいにして成長のない嫌われる人生を歩む事になります。

さっそく参りましょう。
覚えておいて下さい。

自分の人生は、自分の選択を積み重ねた結果である

自分の人生は、自分の選択を積み重ねた結果である
自分の人生、つまり自分の性格や友達、年収、健康は全て自分が選んできた行動の結果です。

「ズバリ7つの秘密」では、成功に至るまでにまず必要なことは「主体的であること」だと明言されています。
ささいな行動でも、感情的な反応に身を委ねたり、環境に流されたり受け身で行動するのではなく
自分の行動を選択する意識が最も重要だとしています。

これは社会人の基本と言われる自分の行動に責任をもつという発想と同じ発想になります。

主体性とは、人間として自分の人生の責任を引き受ける事を意味します。
私たちの行動は周りの状況ではなく、自分自身の決定と選択の結果です。

主体的でない人は、仕事のミスも、異性にフラれるのも、何でも他人のせいにします。自分の性格や行動まで親や教師、社会などに責任転嫁します。

育ちや家庭環境、過去の体験、挙げ句の果てには星占いや血液型のせいにします。

しかし、自分の行動を最終決定しているのは、まぎれもないあなた自身なのです。

他人や環境のせいにした瞬間に自分への改善がなくなるのです。つまり成長が止まります。

これは極端な例ですが、雨が降る事すら自分のせいだと考える人もいるようです。
もう少し現実味のある例ですと、雨が降ったらお店の売上が下がる、だから売上が下がるのは雨のせいだから仕方が無い。
と考える経営者に成功している人はいないという話があります。

これは雨が降る事を天気予報から予測して雨の日に売れる商品を出すという選択もできたのに、
それをしなかった経営者の責任だということです。


ここでもう1つ大切なマインドセットをお伝えします。

自分のやり方が変われば相手も変わる

自分のやり方が変われば相手も変わる
人間関係において、「あなたみたいな人は苦手」「しっかりした方がいい」など批判されることがあります。
でもそれは、自分の本当の姿や可能性を示すものではないのです。

発言者がもつ歪んだ見方から出た言葉にすぎません。

人が批判されて気分を害する事は仕方ないことです。

人間も結局は動物なので、環境や刺激に”反応”します。
しかし、その反応を当たり前のように繰り返しては意味がありません。

人には”自覚する”という優れた能力があります。

刺激に反応したことを自覚すれば、刺激に対する行動は自分で選択できるのです。

自覚を意識できれば、今度は自分が外部を刺激できることにも気付きます。
その招待が”率先力”なのです。

率先力は周りが動くのを待つのではなく、自らの責任で行動する力であり、
自分の率先力の影響で、相手を変える事もできるようになります。

人や環境に流されてあなたが取った行動から得られた結果は、単なる出来事です。
責任を背負い自分の意志で取った行動から得られた結果は、帰結となり、次につなげることができるようになります。

真の成功者と同様に、自分の選択を意識して行動していける人になりましょう。

「主体的である」の中で影響の輪という概念をご説明していきます。

影響の輪を理解することで、あなたの人生から無駄な悩みが一切無くなり、大切な事だけに集中できる人生を歩む事ができます。

ではさっそく参りましょう。

覚えておいて下さい。

影響力が及ばないことに悩むのは無意味である。

影響力が及ばないことに悩むのは無意味である。
主体的に行動して他人や周囲を変える上で、1つだけ重要なことがあります。
それが影響の輪です。

世界の全ての物事をあなた専用に分解していきます。

まず、世界の様々な物事のうち、あなたの関心のあるものとないものに分ける境界線をひきます。
これが関心の輪です。

そして、自分が関心のあるもののうち、自分が大きく影響できるものが、影響の輪です。

たとえば、自分の健康や仕事のやり方などは影響の輪に入ります。

「ズバリ7つの秘密」では、「影響の輪」に入ることだけを意識し、行動していくという考え方です。

影響の輪に入るか入らないか、その人の立場や状況によります。

例えば、会社の就業規則は普通の社員なら影響の輪に入りません。
あなたが普通の社員ならどれだけ騒ごうと就業規則を変える位置にいないからです。

しかし、あなたが人事部の社員なら会社の状況によっては影響の輪に入る可能性があります。

他人の欠点や周囲の環境ばかり気になる人は、関心の輪に集中しすぎている証拠です。

関心があっても影響を与えられない物事に、やきもきしても何の意味もありません。
そのエネルギーを自分の影響の輪の中のものに集中させるべきです。

自分が影響できる物事に対して、主体的に行動し、率先力のエネルギーを発揮すれば、周囲に変化が起こり、影響の輪を広げて行く事ができます。

では、影響力を高めるためにはどのようにすればいいのか。
覚えておいて下さい。

人は行動を選択する自由はあるが、行動の結果を選択する自由は無い。
なぜなら、行動の結果は影響の輪に入らないからだ。

人は行動を選択する自由はあるが、行動の結果を選択する自由は無い。
なぜなら、行動の結果は影響の輪に入らないからだ。

同じように影響の輪に入らないものは過去です。
過去の間違いがおきてしまったことを取り消す事はできません。

できるのは、その間違いを受けて次に自分が取る行動だけなのです。

結局のところ結果を変えたければ、行動に改善を重ねて試行錯誤し続けるしかありません。

ズバリ7つの秘密では主体性の本質は、自分自身や人との約束に対する誠実さだとしています。

 あなたはプログラマーです

「あなたはプログラマーです。」
あなたはこれから人生のプログラムを書くことが出来ます。
これから自分がどうなるのかは、自分でそれを決めることが出来ます
他の動物にはこの力がないのです
他の動物はプログラムです
本能がインストールされたままで生まれてしまう訳ですから
途中で自分の基本的な性質を変えることが出来ないのです
しかし人間は、自分の基本的な性質までを変えることが出来までです
「三つ子の魂はあなたは変えるまで」なのです
あなたは子供の時にプログラミングされた時は責任はゼロ0
大人としてそれを変える責任は100%あると言うことなんです

「あなたはプログラマーです。」
あなたは主体性があります
主体性と言う字は自分の「体」の「あるじ主人」である「性質」があると言うこと
自分自身を支配することが出来ると言う事です

ですから、今までどうゆうような教育を受けたにせよ
どういうようなプログラミングを受けたにせよ
それを乗り越えて、あなたはどうするか?
あなたが決めることが出来るのです

自分自身の人生の責任は自分で取ることが出来ると言う習慣なのです

【大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってることだよ。】

自分で自分を知るということ、自分自身に耳を傾けることはとても大切です。人に求められることではなく、流されるのでもなく自分というものをしっかりと持ったスナフキンの言葉ですね。

ではそこで
自分の事は自分ではわからないのです

それは顕在意識で考えるからです

正解は潜在意識の中にひっそりと隠れています

自分が本当にやりたい事は?
あなたは何と答えますか?

その答え実は違っていたとしたら?

もちろん違う訳ですから
結果出ませんよね?

簡単に説明させていただきます

『フェラーリが欲しい』

でもその人は手に入っていない
努力さえしていない

つまり『フェラーリは欲しく無いのです』

本当に欲しい人は既に所有して楽しでますからね^_^

月収20万円のサラリーマンがフェラーリ乗っている事をご存知ですか?

彼は本当にフェラーリが欲しかった
高額所得者になりたかった訳では無い

ここがはっきりしていたのです

フェラーリが欲しいのか?
高額所得者になりたいのか?

まずはここをはっきりさせてください

その事によりあなたの夢は叶います

追伸
ホームレスの方があなたより夢が叶ってますよ

だってホームレスは時間が欲しいと言う夢が叶った人ですからね

もしステップ①は「あなたはプログラマーである」っと言うならば
ステップ②「目的を待って始める」っと言うことは
ステップ②
▶終わりを考えてから始める スタートはゴールから
「やるべき事と」「やるべき事ではない事」を明確にする

ミッションステートメント ミッションとは
「使命 」ステートメントとは「宣言」 頼られたいあなたに必見です

*どうゆうふにしたいのか?
*どういう原則によってしたいのか?
*どういう価値観を持ちたいのか?
*どういうビジョンをかかげるのか?
それを全部、実際に明確にして行くという事です


ステップ④「重要事項を優先にする」っと言うのは
そのプログラムを実行すると言うことです

自分が決めた通りの、
*そのビジョンにそって
*その価値観にそって
*その原則にそって
実際に生きると言うことです
実際にそれにそって行動すると言うことです
毎日の生活に置いてあなたが重要だと決めたことは
第1に置くっと言うことです

そうすると、

時間管理 優先順位の決め方

感情⇨結果⇨行動

計画を立てる時は

どんな感情を得たいのか?

そして そこにどんな結果を出したいのか明確にする

それから行動する

需要もっと詳しく聞くからステップアップは傾聴

「自力」することになる訳です

自分の進路を決める事が出来る
それを決めている
それにそって毎日生きている事は事実なのです


その自力に基づいて高い創造的な協力を創り出す習慣になる訳です

ここで非常に大切なポイントがある訳です
【続く・・・・・▶孤独力を磨く

第1ステップ「私的成功」
個人として成果を出す為の原則
(基礎原則、第1〜第3の習慣)

第2ステップ「公的成功」
チームとして成果を出す為の原則
(第4〜第6の習慣)

第3ステップ「再新再生」
成果を継続的に出し続ける為の原則
(第7の習慣)






「7つの習慣出会い」それはyoutube
美樹本千晴「たった1つの習慣」

10人10色の物語「違いを尊重する」