初回直面のトーク術からの御礼メール 自己開示

投稿者: | 2018年12月1日

初めて会う人とのトーク術



① 会話のテンポを合わせる
② 相手の表情に合わせる
③ 自分:相手 7:3で話し始める(こちらが7 相手が3です)

このゴールってどこになりますか?
自分が4で相手が6になる事をゴールにすること
気づいたら相手が話している状態にすること

7:3で話している時に4:6にひっくり返る状態
これって?
「相手が自分を知って欲しい」って状態ですよね

相手の理解者にならなければならない

では、どうしたら理解者になれるのか?

①質問をしっかりして行く
相手に関心を持つのでは無くて
相手の関心に関心を持つ!
そして話したい事を話しやすいように質問する
例えば
身につけている物
それを素敵だと褒める事は誰でもやっている社交辞令
言われ慣れいるから
相手の反応はお決まりの社交辞令かよで終わり!
『なんでそれを選んだのですか?』っと質問をする
【なんでをきちんと聴いて行く事】

相手の特徴をつかみそれを質問して行く

相手は必ず答えてくれます
それはその人にとって美学で好きな事だから

答えてくれた事にしっかりと自分の価値観を持って会話すること

噛み合った時にしっかりとした理解者になれる

②相手の自慢話しが始まったら
「なんでそんなに素敵な人に囲まれたかわかる?」
「なんでそんなに素敵な出来事が起きたかわかる?」

それはあなたがそうだから

ここで必ず相手に変化が起きます

相手に話しをさせたかったら
必ず相手を理解して尊重すること
絶対に否定をしてはいけない!

この時必ず4:6に会話がひっくり返ります

結論:他の人には出来ない褒め方、認め方をしましょう

相手の良い所を見つけられなかったら
訓練するしかない
良い所見つけの習慣を身につけてください
数をこなすしか方法はありません

次の課題
自分と繋がると今後どのような良い事があるのか
普段の井戸端会議のようにまたはストーリーで話す
ストレートで無くて客観的に話す
これがシーディング、画像ではサブリナ効果

【もしかしたら私があなたにとって一番身短で役に立つ存在なのかもしれないよ!】を植え付ける

次に👇
相手に自分が選ばれたと思わせるアクションを起こす
例えばセミナー初回参加者だったら
「この後、お時間あればお食事ご一緒しませんか?」

①②が出来ていれば予定をキャンセルしてまでもあなたと食事をするはずです

食事に同席してもらえた時のセリフ
食事の時は4:6になっているはずです

その時あなたは
「なんか私はあなたを好きになったかも?」

非日常を演出してください
非日常とは?
ここはその人によって違うますから
だからこそ①②をしっかりとやりましょう

そして大切なのは会話の中にしっかりと
あなたの【要求を伝える】

人間の脳の中のキャパは限られている
いかにその中をあなたでいっぱいにさせるか?
ここにフォーカスしてください

相手の世界の全てが自分にならないとダメ!
この人がいないとダメ!っと言われるようになるにはどうするか?

→相手の中に入っている努力をする事

次に👇
イイね!をたくさん言う!
プラス用語をたくさん言う!
消してマイナス用語は言わない

プラス用語は空気を変えるから
法律で世の中が良くなるスピードより
紙に貼り付けてある名言よりも
その場の雰囲気をプラスにするには
言葉に出す事が一番の近道です

【来て!来て!来て!】と言うのでは無い‼️

①まず、自分に興味を持ってもらい 自分を好きになってもらう事!

②来てもらう事をゴールで考えている人いますよね?
商品が売れたらそれがゴールと考えている人いますよね?
⚠️この思考変えてください
会いに来てもらった時間は自分を好きになってもらう時間です
結論:自分が会いたい人の選択肢になること
好きになってもらう事を前提で連絡を取ること!

③電話とメール これは基本中の基本!
では電話とメールの使い分けとは…

初回のお礼

①挨拶
②話した内容 (共通点まで作る)
③自分が思った事
④今後の期待
⑤? 最後は必ず質問形で終わる


自己開示とは
▼直接会うより効果的!SNSは最強の信頼構築ツールだった
▼恋愛でも使える!会わない間に距離が縮まるLINEの送り方

自分についての極めてプライベートな情報を相手にありのままに伝える行為です。
ここで重要なのは嘘偽りなく伝える、ということがポイントです。

たとえば、こちらが趣味の話をしたとすれば、相手も同じように趣味の話をしてくれる可能性が高くなります。

この効果を利用して、ある程度深い話をすることで、相手からも深い話を引き出すことができます。

相手がそこまで話をしてくれたのであれば、自分も同じように話をしなければならない、という気持ちになり、関係性を深めることができるのです。

【ジョハリの窓の自己開示モデル】

ジョハリの窓という言葉を知っていますか?
私が知ったのは2018年12月

ジョハリの窓とは、

•自分が知っている自分
•他人が知っている自分

これらを4つの窓(分類)に分け、
自分自身を分析・理解することで、
他人とのコミュニケーションを円滑にする
心理学の手法です。

ジョハリの窓で定義されている
4つの窓とは、

(1)開放の窓
(自分も他人も分かっている姿)

(2)盲点の姿
(自分は分かっていないが他人は分かっている姿)

(3)秘密の窓
(自分は分かっているが他人には見せない姿)

(4)未知の窓
(自分も他人も分かっていない姿)

この4つを指します。

(1)の開放の窓をできるだけ広げることで、
他者との人間関係で
誤解を生むことが少なくなり、

健全で円滑なコミュニケーションを
とることができるようになります。

では、開放の窓を大きくするには
どうしたらいいのでしょうか?

そのためには、
その他3つの窓の領域を
小さくすることです。

(2)の盲点の窓を小さくするには、
信頼できる人のアドバイスを聞き入れることです。

きっと自分では見えない視点で
あなたの無意識の姿を教えてくれることでしょう。

(3)の秘密の窓を小さくするには、
今回のテーマである、
「自己開示をすることです」

相手の自己開示も促すために
開示できそうな秘密は
さらけ出していきましょう。

(4)の未知の窓を小さくするには、
今まで経験してこなかったこと、
やったことのないものに
挑戦してみることです。

新しい自分を知ることで
新しい可能性、新たな道が
開けることがあるかもしれません。

ジョハリ窓について
より詳しく知りたい場合は

こちらの記事をご覧ください。
⬇️
もしも、あなたが スムーズな人間関係を築きたい 共に成長してゆく仲間が欲しい リーダーになりたいとお考えなら、自分という「武器」を正しく使いこなす必要があり…
ジョハリの窓とは?自分を深く知るための4つの窓の活用法
5:自己開示の法則でビジネスと恋愛に活用する方法

自己開示はもちろん、
ビジネスでも恋愛でも
効果的な手段です。

実際、どんな自己開示が有効なのか
ご紹介します。

5-1:ビジネスで活用できる自己開示

例えば、以下の二人のビジネスマンの
どちらにあなたは好感を抱きますか?

A:仕事の話以外は一切しないビジネスマン
B:趣味や家族の話などお互いに楽しく話せるビジネスマン

おそらく大半の人は
Bのビジネスマンに好感を持つことでしょう。

仕事とは全く関係なく思えても、
自己開示をすることで
お客様も自己開示しやすくなり、
信頼関係を結びやすくなります。

また、お客様がつられて話した
何気ない自己開示が、
思わぬアイデアや提案に
つながることもあるでしょう。

信頼出来る人がいない・・・そう思い込んでいませんか?

誰かを信頼し、誰かに信頼されて、素晴らしい人間関係を作っていくことは誰もが望んでいることです。
でも、この理想を強く思えば思うほど、そのような人間関係が作れなくて悩んでしまうものです。

その心の奥深くに潜むのは、 『うまく自己開示出来ないという心』 でもあります。

そもそも
「自分をさらけ出す」
「自分を開示する」
というのは、どのようなものなのか分かりにくいですよね。

そもそも本人が『自分自身』をよく分かっていないことも沢山あるのに、
「自分をさらけ出すっていったい何だろう?」
と思う人も多いのではないでしょうか?

自己開示をするにあたって、「いったい自分は何者なのか?」を書き出してみると少しずつ理解が深まります。

もう少し具体的に言うならば、
* 自分の好きなこと
* 夢中になれること
* 普段行くところ
* 日常的にしていること
などを書き出してみることです。

それと同時に、
* 嫌いなこと
* 苦手なこと
なども書き出してみると良いでしょう。

自己開示にあたり、相手に対して具体的に伝えていく内容として、
* 自分の好きなもの
* 興味のあること
などを思い浮かべることが多いと思いますが、実は、
* 嫌いなもの
* 苦手なこと
なども自己開示には必要です。

こうして自己開示の為の要素集めを行い、いざ人とコミュニケーションを取っていく時に、これらで考えた要素と、相手の持つ要素で 『共通点』 を見出すことが出来ます。

その共通点がお互いの仲を深め、信頼関係に繋がっていくのです。

また、自分の好きなものや得意分野などから 『自分自身』 を見つめると共に、自分の 『心』 についても考えていくことが大切です。

誰かとの信頼関係は、『好きなもの・嫌いなもの』 だけではなく、性格や過去、内面の奥深くにも関わってきます。

出会って間もない相手や、関係が浅い人には趣味程度の自己開示でも構いませんが、信頼関係はお互いの内面や心に関することも言葉によって伝えていくことになる場合が多いです。

つまり、自分自身しか知りえない事も相手に開示していく必要性があるということですね。

これが信頼関係が構築された事の証とも言えます。

その時のことも踏まえて、自分が苦しくならない程度に、自己理解を深めておくことも、自己開示からの信頼関係構築には必要不可欠なのです。

お金持ち男性の趣味トップ3。金持ち男は趣味1位は【仕事】です

<1位 仕事>
お金持ちの男性の趣味1位は、仕事だと感じています。

記事としては面白みに欠けますが、やっぱりリアルなことを書くならば、「仕事が趣味」の男性が、ほとんどなんですよね。

貧乏や、普通の人から、お金持ちになった男性は、例外なく、仕事が趣味になっています。

本人は、どう捉えているか?は不明ですが、365日、毎日やっても問題なく、ストレスで過労になることもない・・奥さんから見れば「うちの旦那は仕事が趣味なので」と映ることでしょう。

実際、「仕事は趣味です」と言ってしまう、お金持ちの男性も多いですよね。

ビジネスの世界は競争が激しいので、趣味として取り組めるくらいでないと、勝ち抜いていけないのでしょう。

そのため、お金持ちの男性と会話する時は、なんだかんだで、TVの話なんかよりも、よっぽどビジネスや仕事の話の方が、相手が盛り上がって話します。(信頼関係がある場合)

趣味の話になると盛り上がるのは男性の特徴ですが、お金持ちの男性の場合は、仕事が趣味なので、仕事の話になると盛り上がるわけですね。

関連サイト

▶️人間は感情で動く
▶️聞くを極めると《傾聴》になる
▶️曖昧な話し方をやめる

リピート顧客に誘導するには?


お客様の声

初回直面のトーク術からの御礼メール 自己開示」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: 聞くを極めると《傾聴》になり話が伝わる – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  2. ピンバック: 自分を知るお茶会「感情というメッセンジャー」 – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  3. ピンバック: SNSで知り合ったばかりの人との対応 – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  4. ピンバック: リストを集めるには無料戦略 – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  5. ピンバック: 笠地蔵と松下幸之助から学ぶフリー戦略 – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  6. ピンバック: 自分で調べようとしない人の傾聴方法 – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  7. ピンバック: 鴨頭嘉人 弱者の味方YouTubeまとめ – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です