悩み相談 必ずぶち当たる壁対処法

投稿者: | 2018年6月17日

悩み相談ビジネス
講師やリーダー、真面目な人、努力家

必ずぶち当たる壁

「クライアントさんは全員嘘つき」

人の悩みや相談に乗った事がある人は
全員が1度は経験済みです

なぜならば
「クライアントさんは全員が嘘つき」そしてアドバイスを実行しない人、行っても3っ日坊主
だからです

(初対面は100%嘘だと統計が出たそうです)

今回は相談に乗ってもらいたい病の人が
なぜ100%嘘をつくのか
私なりに調べてみました

この内容は【結果が直ぐに出ないからを言い訳とし自分を美化して辞めてしまう人にも当てはまりますので
最後まで読んで頂けたら幸いです】

あなたとクライアントはWin- Winの関係となります
Win- Winとは自分も勝つ相手も勝つ


Luse- Win
クライアントさんだけがマスターベーションで気持ち良くなる
自分はというとストレスで時間の無駄使いが発生する

Win-Winもっと詳しく、、、

ビジネスをやる上でゴールは
①一発屋で生涯所得を稼ぐ
②リピート顧客で安定生活を過ごす
リピート顧客にするには、、、
新規顧客を獲得するにはとてもエネルギーを使います
新規顧客に成功したならばそれをどうリピート顧客にするかであなたは楽で安定した生活を送れます
これは若い人にオススメします

しかし、50歳を過ぎたら一発屋でも良いのかと私は思います(笑)

【相談したい病の人は100%嘘をつく】

相談したい病→調べたくない病
「質問が好きな人」

つまり質問が好きな人は脳が質問したいでいっぱいです

1ツの質問をした途端に、すぐに
「次の質問を何にするか」っと考えているので
せっかくそれに対して回答を出してくだっさっているにもかかわらず
アドバイスや答えは聞いていない
よって何も進歩しない

メールやオンラインの場合は
「どうしたら返信が来るのか?」
にフォーカスを置いております
よって現在の悩みを解決したいなんて
サラサラ無いのです

結果→嘘をつく

そんな人と Win- Winになるには
嘘をつく心理を知れば良いのです

結果が出ないからすぐに辞めてしまう人も同じ事が言えます
辞める理由は嘘をついてます💦

Google検索で見つけた記事
https://tabi-labo.com/amp/217641
こちらを参考にお話をススメさせて頂きます

その前にもう一度連呼します

その相手はあなたにとってWin-Winですか?
Win-Win以外は切り捨てましょう

1.プライドが高く、虚栄心を満たしたい
プライドが高いため、できない自分をなかなか受け入れることができません。
自分より周りの方が幸せそうに見えたり、周囲の人からバカにされたりすることを極端に嫌います。
そのため、嘘をついてでも虚栄心を満たそうとするのです。

質問病の場合は
「○○については○年前から知ってます
もう一度勉強したいのですが
どうしたら良いのですか?」
これは
○○を知っていると伝えることにより
プライドマスターベーション
知ってるのに出来ない自分が恥ずかしいなんて気がついていない
もう一度勉強したい私は向上心があるのよとプライドマスターベーションを見せているだけで
勉強する気なんて無い
質問に答えてもらって自分の寂しさをマスターベーションしたいだけ
このマスターベーションを Win-Winにするには…

ずくに諦めて辞めてしまう病

「恋人が出来たから辞めるます」
逆にこんな人もいますよ
「恋人が出来たから今以上に頑張ります」
この2つの例は違うようで同じです
『恋人が出来たと伝えたいプライド』
『他人のせいにしたいという間違えたプライド』
これをWin- Winの関係にするには…▶5周りにかまって欲しいを参考にして下さい⇩

2.劣等感が強く、自信がない

プライドが高いことと矛盾するように思えるかもしれませんが、根本的なところでは劣等感が強い人の方が虚言癖になりやすいです。
自分に自信がないため、よりよい自分を想像して嘘をついてしまいます。
過去に何か大きなトラウマがある人も多いです。

質問病の人は
調べていないのに「調べたけど」っといったんプライドを発揮して
次に「沢山あってわからないから何かオススメありますか?」
っと嘘の質問をして来ます
自分で調べた答えに自信がないと決めつけ
そもそも調べもしない
そんな人を Win- Win関係にするには…
すぐに辞めてしまう病は
もう少し頑張れば結果が出るだろうが
「出なかったら」の自分を認めたくないから
過去の自分を知らない人がいる場所へと
お引越しをする
そんな人と Win- Win関係になるには…▶5周りにかまって欲しいを参考にして下さい⇩

3.努力ができない
普通であれば、できない自分を努力で克服していくものですが、
虚言癖の人はこれができません。
人からは認められたいけれど、努力や苦労は嫌いなので、手っ取り早く嘘をついてしまうのです。

質問病は
重要では無い質問をしてごまかす人がこれに当てはまります
こんな時は無視です
重要では無いのですから
無視の方がリピート顧客になる統計学は出ております

すぐに辞めてしまう病は
「人から認められたい」ここが大切です
辞められたら困る場合は
「認められている」を教えてあげてください▶5周りにかまって欲しいを参考にして下さい⇩

4.隠したいことがある
隠したいことや大きな秘密を抱えている人も、嘘をつきやすいです。
はじめは、その秘密を守るために嘘をついていたはずが、嘘に嘘を重ねていくうちに虚言癖の傾向がでてきます。
このタイプは、嘘に自覚的である場合もあります。
こんな例がありました
過去にビジネススクールやビジネスコミニティーに属した事はあるのかと質問すると
「無い」と答えた人に
私がビジネススクールに入会を進めると
「過去にネットビジネスで破綻になった
その後、300万円のコミニティーに入会して
カードが使えない」
と返事があり
内容がバラバラ(笑)
これ実話です!
同じ例は何度もありました

すぐに辞めてしまう病は

5.周りに構ってほしい
虚言癖の人は、「周りに認めてほしい」という気持ちを人よりも強く持っています。
目立ちたい、羨ましがられたい、かまってちゃんであるとも言えるでしょう。
孤独を感じていたり、寂しさを埋めるために嘘をつく人も多く、幼少期の親子関係などに起因しているケースもあります。

「認められたい」
「頼られたい」などと思っている人は
「認められない人」
「頼られない人」です

なんでって?
「認められてますよ」
「頼られてますよ」に気がつかない人だからです

それを教えてあげましょう


もっと詳しくは……http://mikimoto-sensei.tokyo/2018/2018/06/07/konkyo/

相手に関心を持つのではなく相手の関心に関心を持つ



努力家で真面目なあなたへ イライラ解決法

悩み相談 必ずぶち当たる壁対処法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自分で調べようとしない人の傾聴方法 – 美樹本千晴ズバリ!So思ったらSo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です