プロは数字にこだわる

投稿者: | 2018年2月12日

数字を根拠にしたビジネス

【数字・根拠・メリット】人を説得するために心得ておきたい3つのキーワード

提案が通る、人にYESと言ってもらうための方法論。

ビジネスシーンで何かを提案するときに、私が「しっかりしているなぁ」と感じる人がいつも使っているのが「数字・根拠・メリット」の3つです。

この3つを1セットにして提案することで、相手はあなたの提案を受け入れやすくなります。

逆に、この3つのうちどれか1つでも欠けていると、シビアな人はすぐにツッコんできます。

言い逃れの逃げ道があると、せっかくの提案も最終決定に結びつきにくいです。

数字・根拠・メリット。
この3つのキーワードを常に意識しておくと、店頭販売や対クライアントへの提案など、色々なシーンで役立つと思います。

数字

根拠

f:id:qooton:20151013100551j:plain

根拠とはつまり「理由付け」のことです。
まず最初に数字があって、その数字に至る理由を盛り込みます。

上の画像を例を使うと、

  • アフィリエト報酬とは? 広告収入の事です 1アドレスを登録してもらうだけで報酬が受け取れる仕組みを「オプトインアフィリエト」と言います。
  • アフィリエトにも種類がたくさんあります。よく聞くのが楽天、アマゾン、1商品が売れたとしてもせいぜいよくて500円 
  • しかしアドレス登録は最低でも1,500円
  • アドレスとはリストの事です
  • 江戸時代から火事になったら顧客名簿だけ持って逃げろと言うくらいリストは命です
  • だから報酬が良いのです
  • 怪しくもなんとも無いです

といったように、「なぜその数字が生み出せるのか?」について補足を付け加えます。

例えば、「セミナーでは大勢の参加者がいた方がこんなにたくさん集まっているのだからこのセミナーは安心だと思われる  だからその信頼性をお金で解決する」と言われたら、なるほど、ドラマでもエキストラにお金を支払うのだからこの報酬は決して高くない

しかし説明がないと、何かヤバイセミナーかと疑ってしまうのが普通です。

セミナー参加確認後の報酬は10,000円が相場です

メリット

そして、その提案を受け入れるメリットを付け加えます。
提案を受け入れることで、相手にとってどのような得があるのかを明確にするということですね。

  • アフィリエイター登録は無料
  • 広告を貼り付ける場所はSNSこれも無料
  • 無料から始められるビジネス
  • スマホがあればどこでも好きな時間に出来る
  • 男性の所得を抜かことは実に簡単

数字、根拠、メリットの3つが揃うと、その提案を断る理由がなくなります。

断りにくくなるというよりは、「断ると損に思えてくる」ので、その場で決定をしてもらえる可能性が高まります。

いかがでしたか?

数字はこれ!根拠はこれ!!メリットはこれ!!!といってしまうと、いかにもって感じがするので、1つの提案の中にこの3つを上手く織り交ぜるのがポイントです。

今回の

  1. 数字
  2. 根拠
  3. メリット

は、上位のものほど重要だと思います。
まずは数字を使って何かを表してみることを意識する。

次に、その数字が実現する(している)理由を明確にしてみる。それができたら、それによってどのようなメリットがあるかを伝えてみる。

毎日の仕事や日常で、これらを1つでも使う癖をつけると、提案が通りやすくなると思います。また、「この根拠は?メリットは?」と質問を聞き返されることもなくなるので、やりとりをより円滑にすすめることができます。

私もまだまだ足りないところがありますが、デキる人というのはこういったポイントをキチンと押さえているので、話がサクサク進むのです。

のび太でも売れる交渉術

プロは数字にこだわる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 言葉を変換させるだけでお金が入る – 美樹本千晴40代からの稼ぎ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です