自分の意見が無い人のビジネス選び

投稿者: | 2018年2月10日

いろんな人の意見に左右されてしまい、自分の意見を持てない人。

なかなか自立ができていないといった、どちらかというとネガティブなイメージが先立ちそうですが、実はそうでもないのです。

今回は、プラスの面にも着目して、自分がない人に共通する特徴を5つ紹介します。
1.いろんな人の意見に左右されてしまうが、悩みを相談されやすい存在
相談
自分が迷子の人は、いろんな人の意見を聞くあまりに、自分の意見や考え方を持てない場合が多いです。
しかし、話を聞いてくれるという面でいうと、他人から悩みを相談されやすい良い存在でもあります。

いろんな人の意見をこれまでに聞いているので、「あの人はこう言っていたよ」や、「あの人はこうやって乗り越えていたよ」という、答えの引きだしが多いのも特徴です。

しかも、このときの”あの人”というのは、例えば恋愛相談では経験豊富な人であるように、その道のエキスパートのような存在であることが多いので、説得力が増します。
自分の意見では無くて、中立の立場で話してくれるというところも、ありがたくてタメになると思われています。

2.優柔不断な性格で自分では決めきれないが、相手の意思を尊重できる

優柔不断な性格なので、自分ではなかなか決められません。
しかし、例えば彼氏とデートをする場合、相手がリードしたがりの男性ならば彼に全てを委ねることができます。
相手の意思を尊重して行動できるのが、魅力的な人間だと映るでしょう。

3.自分が傷つくことを恐れているが、人の痛みにも敏感
痛みに敏感
なかなか一つの意見に絞ることができないのは、その意見を主張することによって、反対意見を持っている人の反発が怖いからでもあります。

特に、政治面な発言や主張は、その傾向が強いです。
また、それ以外にも友だち同士での付き合いがあるときは、争いごとがあったときにどちら側につくかというところで、かなり迷ってしまいます。

そのときは、自分がつかなかった方が不利になることを恐れているのです。
したがって、自分が迷子の人は、裏を返せば、人の痛みにも敏感に察することができる貴重な存在だと言えます。
その人にしか感じられない部分を思いやることで、傷つきそうな人たちを守ることができるのです。

4.チームプレーに徹するので、貴重な存在
協調性があるというのも大きな特徴です。

スポーツ競技においては、集団競技だとその能力を存分に発揮することができます。

例えば、野球。
送りバントをきちんと決めて、チャンスを広げることができます。
サッカーでも、味方への絶妙なパスやアシストをすることで、得点シーンを演出します。

チームプレーに徹して、俗に言ういぶし銀のような活躍ができれば、貴重な戦力として認められるでしょう。

価値観の違う人を集める組織が成功する

ジクゾウパズルで例えると…
凹凸で成り立っている
ゴールが明確な人が凸だとすると
ゴールがわからない迷子さんは凹
1つのピースを作る事が出来る
5.素直なので、成功しやすい体質
成功者

実は、個人戦において成長しやすいのは、我を出してしまう人よりも、自分が無い人の方。
なぜなら、基本の練習は変なクセを出さずに習得することが求められるからです。
よって、その道で結果を出している専門家やプロなどから意見を聞いてそのまま吸収することで、パフォーマンス能力を高めることができます。

また、それは事業を始める場合でも同じことが言えます。

個性を出していかないといけない事業においても、その素養はやはりスポーツと同じように共通するものがあるからです。

経営者発想を学び、素直に実践すれば、土台を築くことができます。
その上で、セルフプロデュースについても学ぶと、自分が無い人でもどうやって自分自身の能力をどのように活かせるかが分かり、結果的に大成していくことになるのでしょう。

自分の意見が無い人は、逆に言うと相手の意見を尊重して、常に相手が喜ぶことを考えることができる貴重な性格を持っているとも言えます。

実は人からも頼りにされやすいですし、素直な性格を持っていれば、我が強い人よりも意外と大成していくケースが多いのです。

質問形式で自分に問いかける

では、その質問とは 10項目にまとめてみました

1 話を深堀する―「それで?」「それから?」

2 具体化する―「たとえば?」「具体的には?」「詳しく教えていただけますか?」

3 仮定する―「もし、それができたら……」

4 制限を拡げる―「あえて……すると?」

5 意識を未来に向ける―「どうすればできる?」

6 数値化―「今、どのぐらい?」

7 未来を連想させる―「それによって、どうなる?」

8 客観的にする―「何が(あなたに)そう思わせるの?」

9 本音を聞く―「本当はどうしたかったの?」「本当はどうしたいの?」

10 思い込みをゆるめる―「誰が言ったの?」「絶対?」「いつも?」「一度もない?」

まとめてくださいで閉める

オンラインビジネスの種類

自分の意見が無い人のビジネス選び」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: オンラインビジネスの種類 – 美樹本千晴ズバリ!So思ったらSo

  2. ピンバック: 誰と出会い・誰から教わり・誰と組むか – 美樹本千晴ズバリ!So思ったらSo

  3. ピンバック: 根拠が無い自信すらわからないあなたに朗報です – ズバリ!お金のスイッチ予祝会桜咲く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です