笠地蔵と松下幸之助から学ぶフリー戦略

投稿者: | 2017年11月28日

笠地蔵と松下幸之助から学ぶ
【フリー戦略】

EXPO’70/大阪万博/松下館/紙製日差し除け帽子/
松下幸之助考案

■1970年大阪万博松下館で日傘代わりに配られた紙製の帽子です。

☆松下幸之助さんの下記のようなエピソードがあります↓

松下幸之助 万博の松下館に並ぶ
◆「人間力」エピソード集

松下館の担当者は、その長蛇の列の中に松下幸之助会長の姿を見つけて仰天した。

慌てて幸之助の下に駆けつけた担当者は、

「会長、こんなところに並ばずに早速お入りください」と勧めたのだが、

幸之助は、
「いや僕は並びたいんや」
と部下の勧めを断って二時間並んだ末に松下館に入場した。

そして後で幸之助は担当者を呼び出して、
「炎天下で延々と待っているのに日陰がほとんどない。

【紙の帽子を作ってお客さまに配りなさい】と命じた。

さっそく松下館では紙の帽子をつくり、お客さまに配ったのだが、その帽子に松下館のマークを入れていたために

「松下館に行けば日傘代わりの帽子がもらえる」と伝わり、さらに松下館への入場者数が増えたのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です