ネットで店舗を開くのは簡単 ステップ1

投稿者: | 2017年11月9日

「ネットショップとは何ですか?」

と聞かれたら、あなたは何と答えるだろうか?

1.『インターネットでお店を開くことです。』
2.『商品を売るためのホームページのことです。』
3.『注文から決済まで全てオンラインで出来るサイトのことです。』

と答えるだろうか?

これらの答えは間違っていない。正しい。

では、次の質問。

「インターネットで儲けるためには、どうすればいいですか?」

と聞かれたら?

1.『ネットショップを開業すればいいよ!』
2.『ショッピングモールに出店すればいいよ!』
3.『アクセス数を増やして、バナー広告で稼げばいいよ!』

と答えるだろうか?

これらの答えは、すべて間違っている。
そんなことをしても、ぜんぜん儲からない。

何が言いたいかって?
つまり、

「ネットショップを開く」
ことと、
「インターネットで儲ける」
ことは、ぜんぜん違うことなのだ。

ネットショップを開くのは誰でもできる。

ホームページに商品画像と説明文と価格を載せて、
「ご注文はこちらのメールアドレスまで」と書けばよい。
売れようが、売れまいが、あなたはネットショップのオーナーになれる。

「ホームページを公開するだけで、全国の人たちが見にきてくれる!」
という大きな誤解が、

「ネットショップを開くと、全国から注文が殺到するんじゃないか?」
という幻覚を見せてしまうのだろうか・・・

これがわかっていないから

【自分の顔がチラッと乗っただけで苦情を言う人がいる】

『大丈夫よ!
誰もあなたの事なんて見ていないし!
気がつかないから
そんなにあなたは有名なの?
自惚れないでね』
っと言いたい

だからこそ、本質をわかっているネット界のプロからは苦情が来ない!

本質がわかるプロ集団
現実の世界で考えてみてください

今から、あなたの家の玄関の前の路上で、
フリーマーケットを開いたらどうなるか?

あなたの部屋の本棚に眠っていた古本を引っ張り出してきて、
風呂敷の上に並べて「激安!一冊200円」と張り紙に書いた。

あなたの家の前の道路は、近所の子供からお年寄りまで、
いろんな人が通る場所ですか?

さて、何冊の本が売れると思う?
1日で幾ら儲かると思う?

人が通っていたとしても
目にとまりますか?

その本に興味ある年齢層や性別とマッチしてますか?

・・・こうやって、現実の世界で考えてみると、
そんなに簡単に売れるはずない!って分かりますよね?

でも「インターネットなら売れるかもしれない!」
って、誰もが勘違いする。

冷静に考えれば、個人のネットショップなんて、
自宅前のフリーマーケットと同じだ。

「誰にでも簡単にできる」ってことは、
所詮その程度の価値しか無いってこと。

だから、「インターネットで儲けたい」のならば、
ネットショップなんて開いている場合ではない。
商品画像の写真をデジカメで撮影している場合ではない。

では、どうすればいいのか?

まず一番最初にやるべきことは、

「ホームページで商品を売る」

という考えを捨てることだ。

じゃあ、商品を売らずに、何を売るのか?
答えは簡単。

何も売らなくていい。

『それじゃ1銭の儲けにもならないじゃねーか!』って?
いや、そんなことはない。

あなたは目先の小銭に目がくらんで、
その先にある「本当に価値のあるもの」が見えていない。

自分のゴールは明確ですか?
もちろん、ネットショップで大量の商品を販売して、
利益を出しているサイトは多い。
でも、そのほとんどは、すでに販売システムを持っていた企業だ。

つまり、すでに実店舗を持っていて、全国規模で展開しており、
そこで商品を販売して利益を出していた実績があったのだ。
それを、ただインターネットというフィールドに移しただけのこと。

現実世界で成功している企業が、
その資金力と知名度を使って、
インターネットの世界でも成功するのは自然な流れだ。

それは、実店舗だからとか、ネットショップだからとか、
そんなことは大した問題ではない。

宣伝、商品の仕入れ、販売、配送、支払いなど、
さまざまな経営ノウハウを既に持っていたのだ。

逆に言えば、何のノウハウも持っていない経営の素人が、
いきなり家の前の路上でフリーマーケットを開いても、
利益を出すのは難しいだろうし、ネットショップで利益が出るとも思えない。

だから、これから新しくビジネスを始めたいと思っている人、
つまり「儲けたい」と思っている人は、
インターネットというメディアを使って
「商品を売ろう」という発想自体を見直す必要がある。

商品を売ってはいけない。
何も売ってはいけない。

あなたは、ただ情報を発信すればいい。
そこから、年収1,000万への第一歩が始まる。

では「情報を発信する」とは、具体的にはどのようなことか?

まずは、
・ 商用サイトではなく、個人サイトであること。
が大切である。

 もっと詳しく、、、関連サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です