伝えた方で相手のマイドセットが変わる実験済み

投稿者: | 2017年9月23日

人間の能力について2ツの考え方をしました

① フィクストマイドセット
人間は元々備わっている能力や運によるものであると位置づけてしまいそのため、努力自体が効果のないものという固定観念に支配されているという考え方

結果→
自分自身としっかりと向き合わず、成功や失敗の原因を理解しないまま、努力しても思ったような成果は得られません。

がむしゃらな努力はフィックストマインドに分類されることも知っておきましょう。

②グロースマインドセット
一方、グロースマインドセットは自分の成長は、経験や努力によって、能力が向上することができるという考え方の枠組みとなっているため、リスクを伴う努力を惜しみません。

結果→課題や障害を乗り越える可能性が高く、スピーディな自己成長が期待できます。

こんな実験をしたそうです
2つのグループに分けて同じ問題を解いてもらいました

Aグループには
「あなた達は能力があるグループですから
この問題が解けたのです」

Bグループには
「あなた達は努力をしたからこの問題が解けたのです」

そして次に簡単な問題と難しい問題を選択してもらいました

Aグループは簡単な問題を選び
Bグループは難しい問題を選びました

何故だかわかりますか?

Aグループは「能力がある」と言われたので
失敗した時に「能力が無かった」と言われる事を恐れているからです

Bグループは「努力」を褒められたので
またもっと褒められたいと
さらに難しい問題を選ぶのです

どうでしたか?

参考になりましたか?

もし、ご自分が思うような結果が出ていなかったら
誰かに過去の実績、なんでも良いです
些細な事でも
「あなたはあの時、努力したから素晴らしい結果が出たのですよ」っと褒めてもらいましょう
関連サイト▶️誰と出会い誰から教わり誰と組むか

ピグマリオン効果

ピグマリオン効果は、1964年に米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された、「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」という主張。

興味深い実験結果

ある実験で、「成績の優秀な生徒達を集めたクラス」と「成績の悪い生徒達を集めたクラス」を作り、それぞれのクラスの担任に逆のことを言ってクラスを担当させます。

つまり、「成績の良い生徒のクラス」の担任には「あなたが担当するクラスは成績の悪い生徒のクラス」だと告げ、「成績の悪い生徒のクラス」の担任には「あなたの担当するクラスは成績の良い生徒のクラス」だと告げて、それぞれクラスを担当させるという実験です。

その結果
もともと成績の良かった生徒達のクラス」の成績は下がり、「もともと成績の悪かった生徒達のクラス」の成績は上がりました。

このことから、期待と成果の相関関係について「人は期待されたとおりの成果を出す傾向がある」という結論が導かれました。

生徒たちは自分にかけられる期待を敏感に感じて、その通りの成果を出したというわけです。

ウソのない期待がモチベーションをもたらす

担任と生徒イメージ 「君たちは優秀な生徒だ。成績はもっと伸びる。」と本気で応援してもらった生徒と、「お前たちは落ちこぼれだ。どうせ次のテストもダメだろう。」などと諦められた生徒ではモチベーションも成績も大きく違ってくるのは当然のことでしょう。

上記の実験では、担任の言動にここまで大きな差はなかったと思われますが、生徒はこういったメッセージを敏感に受け取ったのだと思われます。

コミュニケーションにおいては、「言葉以外の非言語な要素で話し手の93%の印象が決まってしまう」と言われています。
言葉よりもそれ以外(表情、しぐさ、視線、声の質、テンポなど)の部分により大きな影響を受けるということです。

成績を上げた生徒たちは担任の言葉だけでなく態度からも嘘のない期待を読み取り、それに動かされた。

逆に成績を下げた生徒たちは、担任の言葉や態度からあまり期待されていないことを読み取った。そして「あれ?僕(私)って本当はダメな生徒だったのかも?」と自分自身の能力に疑念を抱くようになり、成績も下げてしまったということになったのでしょう。
関連サイト▶️日常のいいね
▶️曖昧な言葉を避けて論理的に話すクセをつけよう

固定概念を捨て未来のビジネス

伝えた方で相手のマイドセットが変わる実験済み」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 誰と出会い・誰から教わり・誰と組むか – ズバリ!お金のスイッチ予祝会桜咲く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です