キャッチコピーで開かせろ

投稿者: | 2017年8月2日

人の心を動かすキャッチコピーの作り方を覚えれば、最終的な目標となる場所へお客様を導くことができるというわけです。

「お客様の感情に訴えかける」
このことを一番に考えれば、人の心を動かすキャッチコピーを作ることが簡単になります。

人の心を動かすためには、感情を刺激すること
実はこれだけでは、良いキャッチコピーはできません。
良いキャッチコピーを作る為には、いくつかこと前に決めておかなければいけないことがあります。

「誰に何を伝えるか」

このことを決めておかないと、人の心を動かすことはできないのです。

ビジネスはゴールから始めてください
理由は「あみだくじ」で説明させていただきます

ゴールからさかのぼると スタート地点がわかるからです
そのスタート地点から 次に行う事は?

5ッのノット

開かない
信用しない
行動しない

理解出来ない→ 専門用語を使わない
反復させる→ 何度も同じ事を繰り返す





キラーフレーズ

殺し文句の事です
人の心を動かすとはいったいどういうことなのでしょうか?

A地点からB地点
誰もが納得する内容
【人の心が動く時=感情が揺さぶられた時】
人の感情を揺さぶることができれば、
感心が湧いて、興味を持ってもらるということになります。

つまり、人の感情に訴えかけるキラーフレーズでキャッチコピーを作ることができれば
あなたの商品やサイトに一瞬で興味を持ってもらい、商品やサービスの良さをじっくり伝えることができるのです。

【企画】
*話題性
*将来性
*お金になるのか

例えば
いつやるの→今でしょう
家政婦は→見た
私はいつも→そうして来た
これで→いいのだ
「Yes We Can! (私たちはできる!)」 「Yes We Did!(私たちは成し遂げた!)」 こう締めくくられたスピーチ。涙を流した人も多かった。

旬の話題性
キャッチコピーを変えるだけで
内容は同じでもアクセスがこんなにも違う例
未来のあなたのパートナー

セブンイレブンしらたき

人間はまったく同じ内容でも、信頼している人から言われた時と信頼していない人から言われた時では、信じる度合いが変わってきます。

信頼している友達から「これは絶対良いから使ってみて」と言われるのと、街を歩いている人に突然「これは絶対良いから使ってみて」と言われた時では、絶対に前者の方を信用してしまいます。

このように、人間の脳は、基本的には信用しないという構造になっています。それが金銭などの痛みを伴うとなるとなおさらです。

そこで、信頼性を高める為には数字で表せる実績証拠

このように『実績』を表に出すと、信頼性が高まります。
もしあなたに実践が無いのであれば

▶️「棚から牡丹餅」お金のアンテナ

例えばの話はコンビニ

キャッチコピーで開かせろ」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: 文字・言葉が誕生した時からのビジネス – 美樹本千晴成功論7つの秘密

  2. ピンバック: 自己紹介がお金になる – 美樹本千晴ズバリ!So思ったらSo

  3. ピンバック: SNSで知り合ったばかりの人との対応 – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  4. ピンバック: リストを集めるには無料戦略 – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  5. ピンバック: 笠地蔵と松下幸之助から学ぶフリー戦略 – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

  6. ピンバック: 言葉を変換させるだけでお金が入る – ズバリ!錯覚資産「予祝会桜咲く」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です