話すスキルをビジネスにしたきっかけ

【話すスキルを磨いてそれをビジネスにした
大きなきっかけ】

2つあります
実話です

part 1
子供が小学校に入学して直ぐの出来事です
嫁ぎ先とは結婚当初からトラブル続きで
子供連れて家出を何度も繰り返しておりました

実家やらアパート借りて臨時母子家庭も経験してます
そんな生活を続けていた時に仲良しのママ友達が出来て
一時的に逃げ場としてお世話になっていた時

そんな時に配偶者から携帯に電話が鳴り
出ると
怒鳴り声が
「小学校は義務教育だ!どこで何やってるだ!」
私は怖くて直ぐにお世話になっている
ママ友に電話を変わってもらいました

そのママは元精神科看護師だった為
そんな応対には慣れておりました

私の配偶者はそんな事も知らずに
まんまと話術に引っかかっり本音を話し始めたそうです

かなりの長電話になり
電話が終わった後に内容を聞きました

そしてそんな時です
お世話になっているママ友の旦那がその場におりまして
一言ポツリ

『俺だったら
子供に会いたいです
今ずくに迎えに行きますから
そちらの住所を教えてください
だよなぁ〜』

私『あ〜 それ言われたら嬉しくてそのまま一緒に帰るわ』

ママ友
『だよね〜
それが言えないからこんな事になったんだね』

っと5分で解決

この時です

私が
【言葉1つで警察も弁護士もいらないじゃん】

ママ友
【私の知ってるヤクザはそれが上手でさぁ〜
全てを丸め込んでたわ】(笑)

結婚生活の地獄を抜け出すには
話すスキルを磨けば良いだと思った瞬間です

part 2
私が歯科衛生士だった時の実話

江戸時代からの血統サラブレッド歯科医院に勤務しておりました

教科書を作ったり歯科専門用語を日本語で作ったり
それはそれは本当の老舗歯科医院で
さらにカリスマ歯科医師でした

70歳で某学会の会長を引退した理由が実に素晴らしい

学会では世界中から歯科医師が集まる
アメリカでは年功序列とか親の七光りとか
そんな常識は無いそうです

それなのに私みたいなこんな年寄りが会長をやっていたら
『日本には優秀な若者歯科医師はいないのか?』
っと思われる

だから50代の歯科医師に会長を譲ったとの事でした

その結果!
50代の歯科医師同士のくだらないプライドで喧嘩が始まった
○○先生喧嘩の仲裁お願いしますと連絡が入っりました

その時もお見事です

誰も解決出来なかった喧嘩を5分で終わらせたそうです

話すスキルです

言葉1つで喧嘩を解決と導いたのです

そんな素晴らしい歯科医師の元で私も勤務しておりましたので
尖っていた私はいつもお説教を受けておりました(笑)

話すスキルは教科書で勉強する事では無いです

あなたの身近で勉強出来るはずです

ではどうしたら良いの?
そんな迷子のあなたには

月例ランチ会を秋葉原で行なっております

何故?秋葉原なの?

2020年東京オリンピックです
秋葉原は世界中から注目を浴びます
既に浴びております

それを身体で感じてください

そこにはお金が落ちてます

『拾うか拾わないかはあなた次第です』

まずはLINE@お友達追加お願いします
Facebookで公開出来ない内容は
こちで発信しております

https://line.me/R/ti/p/%40mikimoto.sensei


お知らせです👇
http://mikimoto-sensei.tokyo/2018/2017/11/19/facebook-live/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です